背任と詐欺

非課税所得などの大きなビジネス インセンティブに加えて、アラブ首長国連邦 (U​​AE) は中心部に位置し、主要な世界市場に近いため、世界貿易の魅力的な目的地となっています。 この国の温暖な気候と拡大する経済は、移民、特に外国人労働者にとって魅力的な国です。 基本的に、UAE はチャンスの国です。

しかし、素晴らしいビジネスチャンスと優れた生活水準の場所としての UAE の独自性は、世界中の勤勉な人々だけでなく、 犯罪者 同じように。 不正な従業員から不正なビジネス パートナー、サプライヤー、および関連会社に至るまで、信頼の侵害は UAE で一般的な犯罪となっています。

信頼の侵害とは何ですか?

詐欺および背任罪は、UAE では 3 年連邦法第 1987 号およびその改正法 (刑法) に基づく刑事犯罪です。 UAE 刑法第 404 条によ​​ると、信託法違反には金銭を含む動産の横領罪が含まれます。

一般に、背任罪とは、信頼と責任のある立場に置かれた人物が、その地位を利用して本人の財産を横領する状況を含みます。 ビジネス環境では、加害者は通常、従業員、ビジネス パートナー、またはサプライヤー/ベンダーです。 同時に、被害者 (本人) は通常、事業主、雇用主、またはビジネス パートナーです。

アラブ首長国連邦の連邦法は、雇用主や合弁事業パートナーを含め、従業員やビジネスパートナーによる横領の被害者である誰もが刑事事件で犯罪者を訴えることを認めています。 さらに、法律は、民事裁判所で訴訟を起こすことにより、有罪の当事者から補償を取り戻すことを認めています。

刑事事件における背任の要件

法律は人々が信託違反で他人を訴えることを認めていますが、信託違反事件はいくつかの要件または条件、信託違反の犯罪の要素を満たさなければなりません:以下を含みます:

  1. 信頼の侵害は、横領が金銭、書類、株式や債券などの金融商品を含む動産に関係している場合にのみ発生する可能性があります。
  2. 信頼の侵害は、被告人が横領または横領で告発された財産に対する法的権利を持たない場合に発生します。 本質的に、犯罪者には彼らがしたように行動する法的権限がありませんでした。
  3. 盗難や詐欺とは異なり、信頼の侵害は被害者に損害賠償を請求する必要があります。
  4. 信頼の侵害が発生するためには、被告人は次のいずれかの方法で資産を所有している必要があります:リース、信託、住宅ローン、または代理人として。
  5. 株式保有関係において、他の株主が自分の株式に対して法的権利を行使することを禁止し、それらの株式を利益のために取得する株主は、信託違反で起訴される可能性があります。

アラブ首長国連邦での信託違反の罰

人々が信託違反を犯すことを阻止するために、UAE連邦法は、刑法第404条に基づいて信託違反を刑事罰に定めています。 したがって、信頼の侵害は軽犯罪であり、有罪とされた人は誰でも以下の対象となります。

  • 懲役(監禁)、または
  • 罰金

ただし、裁判所は、刑法の規定に従って、監禁の長さまたは罰金の額を決定する裁量権を持っています。 裁判所は、違反の重大度に応じて自由に罰則を科すことができますが、71年の連邦刑法第3号の第1987条では、最高30,000万AEDの罰金とXNUMX年以下の最高刑が規定されています。

場合によっては、個人は UAEで冤罪 背任罪や横領罪。虚偽の可能性がある申し立てに直面した場合にあなたの権利を守るためには、経験豊富な刑事弁護人を雇うことが不可欠です。

アラブ首長国連邦の信託法違反:技術的変化

他の分野と同様に、新しいテクノロジーによって、UAEが信託違反の訴訟を起訴する方法が変わりました。 たとえば、犯罪者がコンピューターまたは電子機器を使用して犯罪を犯した場合、裁判所はUAEサイバー犯罪法(5年連邦法第2012号)に基づいてそれらを起訴することができます。

サイバー犯罪法に基づく背任罪は、刑法の規定のみに基づいて起訴された場合よりも厳しい罰則を課せられます。 サイバー犯罪法の対象となる犯罪 次のものが含まれます。

  • 鍛造 一般的なものを含む電子的/技術的手段を使用した文書 偽造の種類 デジタル偽造(デジタルファイルや記録の操作)など。 
  • 意図的な つかいます 偽造された電子文書の
  • 電子的/技術的手段を使用して、 入手する 不法財産
  • 違法 アクセス 電子的/技術的手段による銀行口座への送金
  • 無断 特に職場での電子/技術システムへのアクセス

アラブ首長国連邦のテクノロジーによる信頼の侵害の一般的なシナリオには、個人または組織の会計または銀行の詳細への不正アクセスが含まれ、不正に送金したり、それらから盗んだりします。

UAE におけるビジネスにおける背任は、次のようなさまざまな形で発生する可能性があります。

資金の流用:これは、個人が必要な承認や法的正当化なしに、企業の資金を自分の個人的な使用に使用した場合に発生します。

機密情報の悪用: これは、個人が機密情報やビジネス上の機密情報を権限のない個人や競合他社と共有した場合に発生する可能性があります。

受託者責任の不遵守:これは、個人が、多くの場合、個人的な利益や利益のために、企業や利害関係者の利益を最優先に行動しなかった場合に起こります。

詐欺: 多くの場合、経済的に利益を得るために、虚偽の情報を提供したり、意図的に会社を騙したりすることで、詐欺行為を行うことがあります。

利益相反の非開示: 個人の利益が企業の利益と相反する状況にある場合、個人はこれを開示することが期待されます。 これを怠ると信頼を裏切ることになります。

不適切な責任の委任:管理能力のない責任や仕事を誰かに任せることも、特に経済的損失やビジネスへの損害をもたらす場合には、信頼違反とみなされます。

正確な記録を維持しないこと: 誰かが故意に企業に不正確な記録を維持することを許可した場合、法的問題、経済的損失、評判の低下につながる可能性があるため、それは信頼違反です。

過失: これは、ある個人が、同様の状況下で合理的な人であれば行うであろう注意を払って職務を遂行しなかった場合に発生する可能性があります。 これは、ビジネスの運営、財務、または評判への損害につながる可能性があります。

不正な決定: 必要な承認や権限なしに意思決定を行うことも、特にその決定がビジネスにマイナスの結果をもたらす場合には、信頼違反とみなされる可能性があります。

個人的な利益のためにビジネスチャンスを利用する: これには、ビジネスチャンスをビジネスに転嫁するのではなく、個人的な利益のためにビジネスチャンスを利用することが含まれます。

これらはほんの一例ですが、企業が個人に対して抱いている信頼を裏切る行為はすべて背任とみなされる可能性があります。

UAEでよくある背任犯罪

アラブ首長国連邦は、犯罪者を含む多くの人々にとってチャンスの地です。 国の独自の立場により、信託違反が一般的になっていますが、UAEの刑法および連邦法の他のいくつかの規定は、これらの犯罪に対処するのに効果的です。 ただし、信託違反事件の被害者または犯罪者とされる人物として、複雑な法的手続きを進めるための熟練した刑事弁護人が必要です。

ドバイで経験豊富で専門的な法律コンサルタントを雇う

背任が起こった疑いがある場合は、UAE の刑事専門弁護士にアドバイスを求めるのが最善です。当事務所は、信託法違反を扱うUAE有数の刑事法律事務所です。

あなたが信託違反事件であなたを代表するために私たちの法律事務所を雇うとき、私たちは裁判所があなたの事件を審理し、あなたの権利が保護されていることを確認します。 アラブ首長国連邦のドバイにある私たちの信託違反弁護士は、あなたが必要とするすべての助けを提供します。 私たちはあなたの訴訟があなたにとってどれほど重要であるかを理解しており、あなたの権利と利益を守るために最善を尽くします。

緊急の場合は、アラブ首長国連邦の法律事務所で法律相談を受け付けています。 +971506531334 +971558018669

上へスクロール