受賞した法律事務所

で私たちに書いてください case@lawyersuae.com | 緊急電話 +971506531334 +971558018669

アラブ首長国連邦における偽の警察報告、苦情、虚偽および誤った告発の法的リスク

アラブ首長国連邦の虚偽の告発法:偽の警察の報告、苦情、虚偽および誤った告発の法的リスク

法執行機関は、アラブ首長国連邦(UAE)の市民が気付いた犯罪を報告する義務を認めていますが、法律は偽の報告を強く推奨していません。 罪のない人に罰則を科すリスクに加えて、間違った苦情を申し立てると、関係当局を誤解させ、州の資源を浪費します。

虚偽の告発は、不当に引き起こされた疑惑、または真実ではない人によって犯された犯罪の疑惑として定義することができます。 ほとんどの国とは異なり、UAEには、誤ったまたは誤った苦情を管理する厳格な法律があり、誤った告発に対する罰則は厳しいものです。 アラブ首長国連邦の裁判所での虚偽の主張は、 懲役、罰、さらには罰金.

一般的に、人々は、いくつかの一般的なタイプの虚偽の告発を含むさまざまな理由で偽の警察報告を提出します。

  • 犯した犯罪について他の誰かをフレーミングする苦情を提出することにより、捜査官を誤解させ、混乱させること。
  • 悪意から苦情を申し立てることにより、他人の評判を傷つけること。
  • 民事訴訟で損害賠償を与えるように裁判所を誤解させたり、保険会社を誤解させたりすること。

アラブ首長国連邦の裁判所での偽の請求に対する罰

アラブ首長国連邦での誤った警察の苦情または虚偽の告発の提出

警察に誤ったまたは虚偽の苦情を申し立てることは一般に虚偽の告発に該当しますが、他の形式の虚偽の告発は必ずしも偽の警察報告書を提出することを含みません。 たとえば、個人が公の場またはオンラインで虚偽の申し立てを行い、他人の評判を傷つける可能性があります。

虚偽の苦情と同様に、これらの形式の虚偽の告発はUAEでは違法であり、裁判所は主に次のように起訴します。 アラブ首長国連邦刑法に基づく名誉毀損。 しかし、当局が主張が真であるか偽であるかを判断するのが難しい場合もあります。 法律は、そのような主張を根拠のないまたは根拠のないものとして説明しており、虚偽の主張とは異なります。

ただし、法律が虚偽と判断した告発または申し立ては、次のXNUMXつのカテゴリに分類されます。

  1. 報告されたイベントが発生しなかったため、完全に誤りであるという主張。
  2. 発生したイベントを説明する申し立て。ただし、被告人ではなく他の誰かがアクションを実行した場合。 本質的に、被告人が無実であるという告発。
  3. 申立人が発生したイベントの説明と発生しなかった他のイベントの説明を混ぜ合わせた申し立て。 一般的に、主張は部分的に真であり、部分的に偽です。

通常、虚偽の警察の苦情を申し立てるには、申立人が故意に誤った情報を提供して、捜査官を誤解させたり、罪のない人々に危害を加えたりすることが含まれます。

アラブ首長国連邦で虚偽の苦情を申し立てることの法的結果

警察の誤ったまたは虚偽の苦情を申し立てる個人の理由に関係なく、懲役および罰金を含む重大な法的結果のリスクがあります。 アラブ首長国連邦の虚偽の告発法は、虚偽の苦情に対するいくつかの罰または告発を概説しています。

アラブ首長国連邦の裁判所における偽の請求および虚偽の申し立てに対する罰

  • による アラブ首長国連邦連邦刑法第266条、犯罪に関して故意に虚偽の情報を提供した人は、罰として拘禁刑に処せられます。
  • による 刑法第275条、存在しない、または発生したことがないことがわかっている犯罪を報告した人は、3,000か月以下の懲役、および/またはXNUMXディルハム(XNUMXディルハム)以下の罰金を支払うことになります。
  • 第276条によると、虚偽の不誠実な申告をした者は、拘禁または罰金を科せられる。
  • 法律はまた、名誉毀損および名誉毀損の罪で責任を負う偽の警察報告を提出する人を拘束します。
  • 刑法第63条によると、虚偽の告発を調査する法執行官は犯罪の罪を犯していません。 基本的に、法律は、虚偽の申し立てを調査する警察官を起訴または訴訟から保護します。
  • アラブ首長国連邦の刑法では、不当に告発された人が、虚偽の苦情を申し立てた人に対して別の刑事告訴を行うことができます。
  • 罪のない人を誤って故意に非難するために重要な証拠を作成した人は誰でも、拘留または罰金を科せられることになります。 虚偽の告発が重罪の罰則につながる場合、虚偽の告発を行った人は同様の判決を下す責任があります。 通常、彼らは被告人が直面したであろう罰に直面するでしょう。

ボトムライン

アラブ首長国連邦は、市民が目撃した犯罪を関係当局に報告することを奨励しています。 それは故意に間違ったまたは誤った苦情を申し立てた人を厳しく罰します。 一般的に、 アラブ首長国連邦連邦刑法 憶測ではなく確実性に基づいて刑事訴追を主張する。 罪のない人に罰則を科し、警察を誤解させ、州の資源を浪費する可能性があるため、UAEに間違ったまたは誤った苦情を申し立てることは重大な犯罪です。 個人が故意に虚偽の苦情を申し立てなかったことを証明できない限り、有罪判決を受けるリスクがあります。

虚偽の告発は 重大犯罪 アラブ首長国連邦で。 それは何年にもわたる投獄と国外追放につながる可能性があります。 ドバイやその他の首長国で虚偽の告発に直面している場合は、すぐに弁護士に相談してください。 熟練した刑事弁護士はあなたの無実を証明するのを助けることができますが、犯罪を報告している間、あなたは常に間違ったまたは誤った苦情を提出しないように注意する必要があります。

私たちは、ドバイ、アブダビ、アジュマーン、シャルジャ、フジャイラ、RAK、ウンムアルカイワインを含むUAE全体で専門家の擁護者および法律顧問サービスを提供しています。 ドバイまたはアラブ首長国連邦の他の場所で刑事告発に直面している場合は、熟練した経験豊富な人材に頼ることができます エミラティ刑事弁護士 法廷であなたを守るためにドバイで。

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。

上へスクロール