受賞した法律事務所

で私たちに書いてください case@lawyersuae.com | 緊急電話 +971506531334 +971558018669

サイバー犯罪の最も一般的な形態を回避する方法に関する5つの役立つヒント

サイバー犯罪とは、インターネットが不可欠な部分であるか、その実行を容易にするために使用される犯罪の委託を指します。 この傾向は、過去20年間で広まりました。 サイバー犯罪の影響は、しばしば不可逆的であり、犠牲者となる人々と見なされます。 ただし、サイバー犯罪者から身を守るために講じることができる対策があります。

サイバー犯罪から身を守る方法

最も一般的な形態のサイバー犯罪から安全を保つ方法

以下は、最も一般的な形態のサイバー犯罪から身を守るのに役立ついくつかの予防措置です。

個人情報の盗難

個人情報の盗難は、他人の個人情報を利用して違法行為を行う犯罪です。 この種のサイバー犯罪は、個人情報が盗まれ、金銭的利益のために犯罪者によって使用された場合に発生します。

個人情報の盗難の最も一般的な形式は次のとおりです。

  • 個人情報の盗難: クレジットカード、銀行口座番号、社会保障番号などの不正使用。
  • 個人情報の盗難: 電子メールアカウントの開設やオンラインでの購入などの違法行為を実行するために個人情報を使用すること。
  • 個人情報の盗難: 社会保障番号を使用して虚偽の確定申告を行う。
  • 医療IDの盗難: 個人情報を使用して医療サービスを探す。
  • 雇用IDの盗難: 違法行為を行うために職場のプロフィール情報を盗む。
  • 子供の個人情報の盗難: お子様の情報を違法行為に使用すること。
  • 個人情報の盗難: 金融犯罪のために高齢者の個人情報を盗む。

個人情報の盗難を回避する方法

 

  • 疑わしい活動がないことを確認するために、銀行口座を頻繁にチェックしてください。
  • 社会保障カードを財布に入れて持ち運ばないでください。
  • 必要な場合を除いて、個人情報や写真をオンラインで未知の関係者に共有しないでください
  • すべてのアカウントに同じパスワードを使用することは避けてください。
  • 大文字と小文字、数字、記号などを含む強力なパスワードを作成します。
  • 所有しているすべてのアカウントでXNUMX要素認証を有効にします。
  • パスワードは頻繁に変更してください。
  • 個人情報の盗難防止機能を備えたウイルス対策ソフトウェアを使用してください。
  • クレジットスコアとトランザクションを監視して、不正の潜在的な兆候を検出します。

フィッシング詐欺

フィッシングは、犯罪者が銀行口座番号やパスワードなどの個人情報にアクセスするために使用する最も一般的なソーシャルエンジニアリングスキームのXNUMXつです。必要なのはリンクをクリックすることだけですが、問題を引き起こすには十分です。 。 オンラインで銀行口座情報を確認するように求められた場合、ハッカーはユーザーに最も信頼できると思われるリンクをクリックするようにアドバイスします。 ほとんどの人は、リンクをクリックしたり、不明な送信者から送信されたファイルを開いたりすることに伴う脅威に気付いていないため、犠牲になり、お金を失います。

フィッシングから身を守る方法

フィッシングを回避するには、クリックしているリンクに注意し、それが正当なメッセージであるかどうかを常に再確認する必要があります。 また、ブラウザを開き、不明な送信者から送信されたリンクをクリックするのではなく、銀行口座に直接ログインします。

ランサムウェア

ランサムウェアは、ファイルやドキュメントをロックまたは暗号化し、元の形式に復元するためにお金を要求するマルウェアの一種です。 無料の復号化ツールが利用可能ですが、ほとんどの被害者は身代金を支払うことを好みます。これは、トラブルから抜け出すための最速の方法だからです。

ランサムウェアから身を守る方法

ランサムウェアを回避するには、電子メールやWebサイトで何を開いてクリックするかについて非常に注意する必要があります。 不明な送信者からの電子メールやファイルをダウンロードしたり、疑わしいリンクや広告を避けたりしないでください。特に、通常は無料のサービスに料金を支払わせる場合はなおさらです。

オンラインでの嫌がらせ、サイバーストーキング、いじめ 

オンラインでの嫌がらせやいじめは多数のサイバー犯罪の原因であり、ほとんどの場合、名前を呼ぶことやネットいじめから始まりますが、徐々にオンラインストーカーや自殺の脅威に変わります。 米国司法統計局によると、1人に4人の子供がネットいじめの被害者です。 うつ病、不安、自尊心の低下などの心理的影響は、これらの犯罪の主な結果です。

オンラインでの嫌がらせやいじめから身を守る方法

  • 誰かがオンラインであなたに嫌がらせをしていると感じた場合、それらをブロックすることで虐待を止め、あなたの精神的健康へのさらなる害を避けることができます。
  • ソーシャルメディアプラットフォームやインターネットを介して見知らぬ人と個人情報を共有することは避けてください。
  • セキュリティソフトウェアを最新の状態に保ち、XNUMX要素認証を使用してアカウントを保護します。
  • 特に性的に露骨なメッセージの場合は、不快感や緊張感を与えるメッセージに返信しないでください。 それらを削除するだけです。

Facebook、Instagram、Twitterなどのソーシャルメディアプラットフォームは、Webサイトでのいかなる種類の嫌がらせも許容しません。これらのサイトのユーザーをブロックして、メッセージが表示されないようにすることができます。

詐欺と詐欺

オンライン販売は有望なビジネスベンチャーです。 ただし、送金や個人情報の開示を求めている詐欺師や詐欺師には注意が必要です。 いくつかの一般的なオンライン詐欺の方法:

  • フィッシング: ログイン情報やクレジットカード番号を尋ねる公式ウェブサイトを装ったメッセージを送信する。
  • 偽の承認: メッセージは満足している顧客からのもののように見えますが、実際には、コンピューターや個人情報に損害を与える可能性のある製品やサービスを購入してほしいと思っています。
  • 暗号通貨詐欺: 彼らは莫大な利益を得ることができるので、暗号通貨に投資して彼らの口座にお金を送金するようにあなたに頼みます。
  • 個人情報の盗難: トレーニングやビザの発行などのために前払いで一定の金額を支払う必要のある仕事を提供します。

オンライン詐欺や詐欺を回避するためのヒント

  • アカウントを保護するには、2要素認証を使用します。
  • 取引の前に直接会いたくない人に目を光らせてください。
  • 個人情報を求めている人や会社について十分な知識がない限り、個人情報を開示しないでください。
  • 知らない人に送金しないでください。
  • メッセージがログインの詳細またはクレジットカード番号を要求する場合、カスタマーサービス担当者であると主張する人々からのメッセージを信用しないでください。

サイバーテロ

サイバーテロとは、コンピューターやインターネットを利用して混乱、経済的被害、死傷者などを引き起こし、恐怖を広める意図的な行為と定義されています。 これらの犯罪には、Webサイトまたはサービスに対する大規模なDDoS攻撃の開始、暗号通貨をマイニングするための脆弱なデバイスのハイジャック、重要なインフラストラクチャ(電力網)の攻撃などが含まれます。

サイバーテロを回避するためのヒント

  • セキュリティソフトウェア、オペレーティングシステム、およびその他のデバイスが最新バージョンに更新されていることを確認してください。
  • あなたの周りの疑わしい行動に目を光らせてください。 目撃した場合は、直ちに法執行機関に報告してください。
  • フィッシングや中間者(MITM)攻撃などの攻撃に対して脆弱であるため、パブリックWiFiネットワークの使用は避けてください。
  • 機密データをバックアップし、可能な限りオフラインにしてください。

サイバー戦争は、インターネットや別のコンピュータネットワークを介して、別の州や組織に対して行われる情報戦の一種です。 これは、サイバースパイを使用してインテリジェンスを収集し、プロパガンダを使用して一般の人々に影響を与えることで達成できます。

アップラッピング

サイバー犯罪はインターネット上で発生するため、対処が困難です。 また、これは新しく、このような場合に何ができるかについて明確な法律を定めている国は多くありません。そのため、このような事態が発生した場合は、自分で行動を起こす前に弁護士に相談することをお勧めします。

ドバイのAmalKhamis AdvocatesおよびLegalConsultantsの熟練したサイバー犯罪弁護士が、あなたの状況についてアドバイスし、法的手続きを案内します。 サイバー犯罪に関するご質問がございましたら、今すぐご相談ください。

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。

上へスクロール