ドバイの最高の司法制度:それがどのように機能するか、そしてなぜあなたは心配すべきではないのか。

ドバイの最高の司法制度が説明されました。

 

ドバイ裁判所ドバイを訪れたり、ドバイに住んだことがあるなら、ここで司法制度について聞いたことがあるかもしれません。 良いもの、悪いもの、そしてその間のすべて。 新しい国に住むことは新しい法制度を知ることを伴いますが、一部の駐在員は、法律に違反した場合に何が起こるかを当然のことながら心配しています。特に、この都市にはさまざまな種類の法律が適用されているためです。

ドバイの裁判所は、訴訟の裁定、選択の履行、判決、司法命令、契約、およびファイル認証における正確性と迅速性を通じて、ドバイで正義を執行します。 それは社会の幸福のために迅速な正義を提供するために技術の最新の学位を維持することによって人々に充実感を提供するよう努めています。 ドバイの最高の司法制度は、その住民の公民権と自由を保証するために世界中で賞賛を得ています。

その使命は、裁判所の手続きのリーダーになることです。 1970年に創設されたドバイの裁判所は、今でも天才、平等、正義、卓越性、チームワーク、自律性を重視しています。 ドバイの裁判所は適切なプロセスに依存しています、 有能な国民、そして最近開発された技術。 一部のサービスは、一般的に言えば、有効な控訴、労働、民事、法律、および公的認証、判決の履行、および弁護士の認定で構成されます。

世界 ドバイコートのウェブサイト オンラインサービスを提供しています。

これにより、当事者は訴訟を起こし、進行状況をフォローアップし、主張を確認することができます。

ドバイ裁判所の規則は、最初に運用を開始します。 当初、DIFC裁判所の権限は地理的領域に制限されていました。

ドバイの最高の司法制度

ドバイ国際金融センター(DIFC)裁判所

DIFCAは、ビジネス、雇用法、商法、財産法など、DIFC内の非財務活動を管理する規制と法律を担当しています。 ドバイ金融サービス局(DFSA)は、補助サービスおよびDIFC内のすべての財政問題に関する規制と規則を担当しています。

さらに、DIFCは、UAEで成長し進歩的な環境を促進することを目的として、経済的に自由なゾーンを確立し、より広い地域に対応するための独自の独立した規制の枠組みを提供します。

世界 DIFC裁判所 法令を利用する 当事者がDIFCの別の法律が彼らの紛争を支配することに明示的に同意しない限り。

DIFC裁判所は、次のような手続の行為に関する命令を出し、指示を出すことができる。

ドバイはDIFC法に基づく法律で規定されています。

  1. 差止命令をするために必要な措置を含む。
  2. 仲介または暫定注文。
  3. そのような注文が適切である条件および他の当事者になされた注文。
  4. 軽蔑される注文。

司法長官への問題の紹介

DIFC裁判所は、批准された裁定、命令、または判決を適用する能力を有しています。 最高裁判所長官は、第一審裁判所の裁判官と、DIFC内で死刑執行命令を発行する執行裁判官としての権限を与えるものとします。

2012年XNUMX月に、DIFC裁判所を使用する弁護士、企業、および人々のプロセスを明確にするための公式の執行ガイドが作成されます。 ドバイ、アラブ首長国連邦、湾岸協力会議、および世界中のDIFC外の判決に関する詳細を提供します。 この記録は、決定がすべての裁判所に提出され、執行可能である一流の国際的および地域的な法律事務所との広範な協議の効果をどこでどのように明らかにするかを明らかにしています。 このファイルは、ドバイのWebサイトから入手できます。

ドバイの法律:人身売買の被害者を支援するドバイ裁判所

ドバイ裁判所

覚書 ドバイの子供と女性のための財団はさらに、子供と少女に対する虐待と家庭内暴力の管理を目標としています。

アル・マンスーリ氏は、この契約は社会的関心を奪われた個人が良い生活を送れるようにすることを意図していると述べた。 彼は、共有ビジョンへの移行を認めました。

MoUは、少女や若者に対する虐待、家庭内暴力、人身売買を思いとどまらせることを目標としています。 DFWCとDCDは、そのようなケースを追跡するための信頼できるデータベースを開発することに同意しました。 また、データの新しいステーションを作成し、ドバイのケースステータスに関する専門知識を交換し、さまざまな社内トレーニングに参加し、教育活動と意識向上セッション、インタラクティブなワークショップ、セミナー、イベントを確立することに同意しました。

MOUは、関連する部分で以下を提供します。 

「DFWCとの戦術的同盟は、ドバイ戦略2021のすべての目的と一致する正義、平等、安全を確保する一貫性のあるまとまりのある社会の確立に向けた試みを支援するための新たな一歩です。」

ドバイ裁判所

一方、アル・バスティは、DCDとドバイの法律の国際人権協定に同意して、家庭内暴力と人身売買の被害者を保護し、保護し、支援するための継続的なイニシアチブを強化するために、DFWCとのベンチャーを開発する試みを賞賛しました。

「私たちの新しいベンチャーは、脆弱なグループに社会的保護を提供し、地球上で最も低いイベントを含むUAEでの家庭内暴力の速度を低下させることを目的とした国の取り組みをサポートするための組み込みフレームワークを開発します」とAlBasti氏は述べています。

家庭内暴力と人身売買の被害者は、からのニューディールのおかげですぐに技術的なサポートと保護が与えられます ドバイ裁判所部.

今日まで、UAEは、国際的および地域的な法執行当局とともに、世界的な人身売買と闘うためのますますの努力を示してきました。 アラブ首長国連邦は、犯罪を防止し、法を執行し、人身売買の犯罪を犯した者を罰し、被害者に必要な支援を提供するために作成されたXNUMX部構成の人身売買防止メカニズムの実施に取り組んでいます。

 

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

上へスクロール