法人向け法定代理人サービス

UAEの企業向けにリテーナー弁護士が提供する包括的な法的サービス

リテイナー弁護士、別名 家臣弁護士 または法定代理人は、継続的な法律サービスを提供します。 クライアント に規定されているように、固定料金ベースで リテーナー契約 ~の間で交渉された 法律事務所 > 会社。従来の請求可能な時間モデルの代わりに、企業は前払いの定期料金を支払います。  〜へ リテンションを維持 法律事務所のサービスまたは 弁護士 幅広い範囲に対応する 法的な問題 必要に応じて 基礎.

 ビジネス UAEに​​は専任のリテイナーがいる 弁護士 on アカウント 数多くの 利点 - 便利 アクセス 専門家に 法律上の助言、さまざまな分野にわたる積極的なサポート 問題、コストの予測可能性。ただし、明確に定義することが重要です。 サービスの範囲 内でカバーされています リテーナー契約 完全な価値を確保するために。

この記事は、企業と法務チームに多様な法務サービスの広範な概要を提供します。 家臣弁護士 通常、包括的な範囲内で提供されます 維持契約 アラブ首長国連邦。

1 法定代理人サービス
2 専属弁護士
3 連絡と提出

なぜリテイナー弁護士を選ぶのか?

企業が法定代理人の雇用を選択する主な理由は次のとおりです。

  • 便利なアクセス: リテイナーの手配により、貴社のビジネスに精通した資格のある弁護士からの法的アドバイスに即座にアクセスできます。
  • コスト削減: 継続的な散発的な法的ニーズに対して、月額固定料金を支払うほうが、時間単位で請求するよりも安くなることがよくあります。
  • 積極的な指導: 弁護士は潜在的な問題を早期に特定し、リスクを軽減するための戦略的なアドバイスを提供できます。
  • カスタマイズされたサポート: リテーナーはお客様のビジネスの優先事項を理解し、それに沿った法務サービスを提供します。
  • 信頼できるアドバイザー: 社内チームと社外弁護士との長期にわたる緊密な関係。
  • スケーラビリティ: ビジネス要件に基づいて法的サポートを迅速に増減できる簡単な機能。

リテイナーがカバーする法律サービスの範囲

カスタマイズされたリテーナー契約でカバーされる正確な範囲は、各企業の特定の法的ニーズと優先事項によって異なります。ただし、リテイナー弁護士が提供する典型的なサービスには次のようなものがあります。

I. 契約のレビューと草案

  • ビジネスをレビュー、精査、交渉する 契約 そしてコマーシャル 協定
  • カスタマイズされたドラフト 契約、 非開示 契約(NDA)、覚書 (覚書) およびその他の法的文書
  • 確保 縮小することはできません。 会社の利益の保護を最適化する条件
  • 確認します コンプライアンス 関連するすべての法律と規制
  • 標準のテンプレートとベスト プラクティスのアドバイスを提供する 協定

II.定期的な法律相談

  • 企業問題に関する法的アドバイスのための定期的な電話および会議
  • ビジネス上の決定および新しい取り組みに関する法的考慮事項に関するガイダンス
  • 弁護士に聞く」 無制限の簡単な法的質問に電子メールでアクセス
  • 緊急の法的対応に迅速な電話と電子メールのサポート 問題 発生する

Ⅲ.コーポレートガバナンスとコンプライアンス

  • 細則、ポリシー、プロセスを評価して最適化する コンプライアンス
  • ベストプラクティスに合わせた改善を推奨します コーポレート・ガバナンス
  • 変更に関する最新情報 レギュレータ 環境と新しい法律
  • 定期的に実施 コンプライアンス監査 リスク評価を提供します
  • 容疑者の内部調査を主導する 違反

IV.ディスputeと訴訟管理

  • ビジネスを解決する 紛争 裁判所への申し立てが行われる前に効率的に
  • 法的手続きの開始が必要な場合、訴訟プロセスを最初から最後まで管理します。 の提出が必要です
  • 必要に応じて、最初に調停や仲裁などの代替解決策を検討します
  • 複雑な問題については専門の外部弁護士に相談する  .
  • アクティブな活動のためのコミュニケーションとファイリングを調整する 訴訟 > 規制上の紛争

V. 知的財産の保護

  • 監査とランドスケープレビューを実行して、主要な知的財産資産とギャップを特定します
  • 登録と更新 商標、特許、著作権 保護を確保するために
  • 草案の機密保持と知的財産の所有権 協定 請負業者と
  • オンラインでの通知および削除サービスの提供 著作権 侵害
  • 紛争に関してクライアントを代理する 企業秘密 不正使用
  • 独自の知的財産を法的に保護するための戦略についてアドバイスする

VI.商業用不動産法

  • 購入と販売のレビュー 協定 商業用 不動産取引
  • タイトルを調査し、ターゲットの所有権の連鎖を確認する プロパティ
  • ゾーニング制限、地役権、および関連する制約についてのデューデリジェンスを実施する
  • 賃貸契約の交渉 協定 企業のオフィスの場所向け
  • 賃貸施設の条件、アクセス、または使用制限に関連する問題に対処する

VII.その他の法的サポートサービス

上記は、含まれる最も一般的なサービスを要約したものですが、弁護士の専門知識とビジネス ニーズに応じて、リテーナーが次のことも支援する場合があります。

  • 移民法の問題
  • 労働および雇用に関する法的アドバイス
  • 税務計画と関連申告
  • 保険適用範囲の分析
  • 資金調達・出資の見直し 協定
  • 継続的なアドホック 法律上の助言 さまざまな事柄にわたって
4つのリテーナーの配置
5 訴訟管理
6 保護を確保するために商標、特許、著作権を登録および更新する

リテイナー契約に関する主な考慮事項

カスタマイズされたリテイナー契約を交渉する際、企業は予測可能な法的ニーズを評価し、以下に関する詳細に対処する必要があります。

  • 範囲: 含まれる特定のサービスと除外されるサービスを明確に定義する
  • 料金体系: 月額定額、年額一括払い、ハイブリッドモデル
  • 応答時間: 法的な質問/要求に対するサービス レベルの期待
  • 人員配置: 一人の弁護士とチーム全体へのアクセス
  • 所有: 生成されたあらゆる作業成果物の知的財産権
  • 期間/終了: 最初の複数年の期間と更新/キャンセルポリシー

結論: 明確な期待を優先する

リテイナー弁護士は、コストを抑えながら、日常的な法的ハードルや異常な危機を同様に乗り越えられるよう、自信を持って企業を導く信頼できる法律顧問として、非常に貴重な役割を果たしています。企業の予想される法的ニーズ、優先順位、予算に合わせて詳細な維持契約を事前に定義することで、永続的な価値を提供するための相互生産的な取り組みが保証されます。業界内の専門知識を誇る弁護士と提携することで、さらなる戦略的連携が約束されます。最初に時間を投資して、合意されたサービス範囲に関する明確な理解を固め、法定代理人と彼らがサポートする企業との間の永続的なパートナーシップのための強力な基盤を形成します。

緊急電話やWhatsApp用 +971506531334 +971558018669

上へスクロール