法律事務所ドバイ

契約審査を通じて契約の詳細を批評的に検討する

自分を守る

法的意見

法的契約または合意は、XNUMXつの当事者が署名した単なる文書の一部ですが、権利と救済策によって事業体を保護します。 契約は責任、条件、金銭的問題、期限などを作成するため、契約のすべての部分が適切に封印され、これが失敗した場合、予期しない損失につながる可能性があります。

ドバイとアラブ首長国連邦では法的審査が必要です

法的契約または契約

契約書審査

契約審査のデューデリジェンスがなければ、私たちまたは私たちの利益に利益をもたらさない魅力的な条件で契約に署名する可能性があります。

契約審査とは

契約検査または法的検査とは、法律の観点から実行される文書を慎重かつ批判的に調査する行為を意味します。 契約の審査により、契約の十分なデューデリジェンスが行われ、次のことが保証されます。

擁護者によるさまざまな会社文書の法的審査。 デリケートな問題に関する弁護士のアドバイス。 法令遵守。

  • すべての保護手段が講じられています
  • 特定の役割の定義
  • お金の安全
  • 法的救済
  • 問題の概要
  • 側面や金額などの明確さ

すべての関係者の義務と責任

契約は主に、リスクを軽減するためのすべての関係者の義務と責任をマークする観点から、企業によって設計、起草、および実行されます。 中小企業の経営者や上級管理職は、在職期間を通じて契約を起草することがよくあります。

契約の本文で使用される表現や表現に関して、契約を読み、理解し、分析する必要があるため。 どのような条件下でも、人工的な単語を含めたり、文字どおりに理解されているもの以外の追加の意味を推測したりする必要があります。

プロの契約の審査とチェック

したがって、文書の契約審査の適切な法的措置が適時に実行された場合に回避された可能性のある予期しない状況から身を守りたい場合は、法的審査に行くことが必要です。 

コピー・ペーストまたはステレオタイプの法的契約/契約を使用することは自殺行為であるため、適切な法的文書を作成できる専門家に連絡し、専門家の契約を検討することが重要です。

契約審査の主な側面

  • 契約の審査では、クライアントのニーズを保護し、円滑な取引フローを促進するために、意図、条項、リサイタル、およびリスクを詳細に調査する必要があります。
  • 主契約法は、契約当事者がビジネスまたはサービスを交換する契約に拘束されることを強く望んでいる英国の契約法から引き出されています。
  • In ジョーンズVパダヴァトン、裁判所は、家族の取り決めとビジネス契約の違いを明確に定義することを求めました。 家族の合意は常に拘束力があるとは限らず、契約上の合意はそれらの中で商業的意図を明確に関与すべきです。 したがって、契約が精査されている間、ビジネスにおいて法的に相互に拘束する意図は明確であるはずです。
  • 上記に続いて、合意の当事者が知られていること、異なる会社を代表する権限、契約する能力、および事業所が確認されていることを確認することが重要です。 連絡先の最大3人以上の関係者がいる状況では、各人の目的を確立するために、精査の強度をより厳密にする必要がある場合があります。
  • 当事者が事業に拘束される場合、契約の目的は明確でなければなりません。
  • 商品の販売を目的とする場合、「x」はAB商品を製造・販売し、「z」はAB商品を投入したXY商品のメーカーであることが理にかなっています。
  • 製品が標準化されている単純な財の販売では、特定の定義が必ずしも与え​​られている必要はないかもしれませんが、注意深く、「物品」、「締約国」、「注文書」を述べて定義することは賢明です。 「配達日」、「日付と支払い方法」、「配達場所」、「キャンセル」など。これにより、契約当事者にとって同じ用語が同じ意味で使用され、要件に正確に適合します。
  • ただし、ボイラー、特殊な電子機器、エンジニアリング製品など、カスタマイズされた製品要件が複雑な場合は、すべての仕様と定義を明確に記述することをお勧めします。
  • その後、契約には、ビジネスを行うためのすべての条件が記載されている必要があります。

契約の起草は契約の審査とどう違うのですか?

契約の起草と契約の審査は、契約プロセスのXNUMXつの異なる段階です。 契約の起草は、起点から終点まで契約を起草する起草者が関与するプロセスです。

契約の審査プロセスでは、起草担当者がレビュー担当者であり、既存の契約テンプレート(既に起草されているもの)に取り組んで、既存の契約テンプレートで必要な追加と削除を行います。

既存の契約テンプレートの一意のポインターに焦点を当てる

特定の会社で働く専門家は、次のXNUMXつの理由で契約を審査することができます。

  1. そのような企業が独自の契約テンプレートを持つことになります。 そして
  2. 取引先は契約テンプレートを送信して確認します。

審査プロセスでは、既存の契約テンプレートで独自の指針に焦点を当てる必要があり、作業を直接行う見込みがないため、専門家の学習曲線が制限されます。

さまざまな条項に関する包括的な調査

しかし、その一方で、契約の起草プロセスでは、起草者はしばしば、始点から終点までのすべてのポイントに特別な焦点を当てて、自分で契約全体を起草します。

契約起草は起草をしている人が条項によって起草規定の技術を学ぶ機会を得ることを可能にし、異なる条項に関する包括的な研究がコアに各条項を学ぶことを可能にする。

若い法律家は、契約書草案の習得(直接の作業を学ぶため)に集中して、契約書草案または契約審査に習熟することをお勧めします。

企業法務/起草契約/検査

ドバイの契約起草および契約検査サービスプロバイダー。 さまざまな文書の法的審査。 法的意見を与える。 デリケートな問題に関するアドバイス。 法令遵守。 

上へスクロール