法律事務所ドバイ

仲裁 - 平和な方法

仲裁 代替紛争解決(ADR)の一形態であり、訴訟を裁判所に提出することなく両当事者が問題を解決するのを支援することを目的としています。

抽象化は平和的な方法であるため、合意が成立します。つまり、手続きが開始される前に、プロセスに関わるすべての当事者が同意する必要があります。

Abstraction句は、事前に契約書にも記載されていなければなりません。 上記の同じ条件で、関連するすべての当事者の同意および契約の別の署名なしに、後でそれを追加することはできません。

一種の抽象化は結婚契約であり、両方の部分がパトリモニーのどの部分が互いに属しているかについて合意している。 商業契約では、この条項はしばしばリースまたはモーゲージを伴う契約に含まれています。 リース当事者が参照された金額を支払っていない場合、リース当事者はリースされた物品を回収することができ、他の法的措置はとられません。

抽象化の条項は、裁判所の介入に訴えずに契約を消し、それにお金を費やす最善の方法の1つです。

親切に私達に連絡してください 仲裁の場合

上へスクロール