受賞した法律事務所

で私たちに書いてください case@lawyersuae.com | 緊急電話 +971506531334 +971558018669

弁護士の能力を理解する

成年後見制度の目的は、取引を行うために割り当てられた人物の代理人を合法かつ有効にすることです。 商取引やその他の法的な問題などの私的な法務で代理人または代理人を務めるよう誰かに依頼する場合は、代理人を承認するために弁護士からの手紙が必要になります。これは成年後見制度(POA)と呼ばれます。 あなたがそのようなものを作る前に知っておく必要がある弁護士の力のタイプがあります。 ただし、最初の人が決定を下すことができない場合を除いて、裁判所は成年後見制度に関与しません。 成年後見制度をリリースする前に、それがどのように機能し、その種類について教育を受ける必要があります。

委任状とは何ですか?

「成年後見制度」とは、法務、財務、または財産の取引について誰かに代理人を依頼したときに使用される文書です。 ただし、成年後見制度は法的な形式である可能性がありますが、それでも法廷形式ではありません。 誰かが自分で決定を下すことができず(例えば、昏睡状態、精神的に無能であるなど)、決定を下すための代表者が必要な場合、裁判所は、も表されます。

成年後見制度で何ができますか?

成年後見制度は、銀行や地方議会などの第三者に対処するための法的権限を弁護士に提供します。 成年後見制度の中には、どこに住むべきか、医療機関に相談すべきかどうかなど、他人に代わって決定を下す法的権限を弁護士に与えるものもあります。

成年後見制度とは何ですか、なぜそれが必要なのですか?

誰が永続的な弁護士の力を必要としますか? 成年後見制度は、他の人が彼または彼女に代わって特定の法的活動を行うことを許可したい人(またはPOA)によって必要とされます。 成年後見制度は、経済的懸念を管理したり、医学的選択をしたり、子供の世話をしたりする権限を他の人に委任することができます。

弁護士の権限の種類

弁護士の一般的な権限

このタイプは、本人がそう言うまで、金融問題を含む取引で行動する本人を代表する許可の無制限の範囲と期間を持つ一般的な問題のためのものです。 言い換えれば、一般的な成年後見制度(GPoA)は、ある人(代理人と呼ばれる)が別の人(本人)に代わって行動することを許可する法的文書です。 プリンシパルは、エージェントが自分で選択することができないため、この責任をエージェントに委任しました。 このGPoAは本質的に一般的なものであり、エージェントは、法律、医療、財務、およびビジネスの選択を行う権限を与えられます(ただし、不動産は選択できません)。 これは元に戻せないため、プリンシパルはGPoAの機能を承認することに同意する必要があります。

弁護士の特定の権限

弁護士の特定の権限により、代理人は本人の特定の単一の取引を行うことができます。 弁護士の特定の権限の最も一般的な使用法は、口座の署名を確認し、契約に署名することです。 州で登録できるのは不動産取引のみであり、他の取引を記録する必要はありません。 言い換えれば、特別後見制度(SPoA)は、ある人(代理人と呼ばれる)が別の人(本人)に代わって行動することを許可する法的文書です。 プリンシパルは、エージェントが自分で選択することができないため、この責任をエージェントに委任しました。 このSPoAはプロパティ固有です。 これは元に戻せないため、プリンシパルはSPoAの機能を確認することに同意する必要があります。 自分で選択できない場合は、POAを利用します。 これは、健康上の懸念、またはそれらを作るために物理的にそこにいることはできないが、そうしなければならないという事実が原因である可能性があります。

永続的な委任状とは何ですか?

永続的な成年後見制度(またはPOA)は、不動産計画で使用され、無制限の成年後見制度と呼ばれます。 POAの耐久性は、あなたがあなたの代表と呼ばれる別の人にあなたの署名とあなたの意思決定能力を与えるときに始まります。 あなたはあなたが彼/彼女に引き渡すことに同意した特定の取引においてあなたであるための完全な能力をあなたの代表に与えます、あなたがあなたの弁護士の存在を持っている限り、契約は契約の有無にかかわらず有効です。

簡単に言えば、永続的な弁護士の力は、通常、校長が死亡するまで、または楽器が取り消されるまで効力を持ち続けるものです。 永続的な成年後見制度は、その期間を明示的に言及する必要がありますが、本人が無能力のために個人的な決定を下すことができない場合でも、引き続き有効です。 別の方法として、「非耐久性」の成年後見制度(耐久性の規定がないもの)は、校長の無能力により失効します。 成年後見制度を管理する規則は州ごとに異なります。

 

「委任状を理解する」についての2つの考え

  1. プラカシ・ジョシ

    私は一般委任状に署名しています。私の質問は、
    1)UAEに在籍していない元本がある場合は、プリンシパルや裁判所の裁判所に訴訟が起きた場合、刑務所に入るか、アラブ首長国連邦政府の法律違反で苦しむ必要がありますか?
    2)私の身体的署名は、一般委任状の書類に必要ですか?
    3)本契約の有効期間は期間によってどのくらいですか?
    4)は、弁護士全般の解約時に、プリンシパルはアラブ首長国連邦で必要ですか?

    できるだけ早急に償いてください。

    よろしくお願いします、

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。

上へスクロール