アラブ首長国連邦における麻薬犯罪、密売、所持、刑罰、法律

アラブ首長国連邦(UAE)には世界で最も厳格な薬物法があり、薬物関連の犯罪に対しては一切不寛容の政策を採用しています。これらの法律に違反した場合、居住者と訪問者の両方が高額の罰金、懲役、国外追放などの厳しい罰則の対象となります。この包括的なガイドは、UAE の麻薬規制、さまざまな種類の麻薬犯罪、刑罰と刑罰、法的防御策、およびこれらの厳しい法律との絡みを避けるための実践的なアドバイスに光を当てることを目的としています。

違法物質 また、特定の処方薬および市販薬は、薬物の管理に関する 14 年連邦法第 1995 号に基づいて厳しく禁止されています。 麻薬 および 向精神物質。この法律は、さまざまな事項を細心の注意を払って定義しています。 違法薬物のスケジュール そして乱用と中毒の可能性に基づいた分類。

UAEの麻薬関連犯罪に関する法律とは何ですか

アラブ首長国連邦(UAE)は長年にわたり、麻薬関連犯罪に対する一切の不寛容政策を維持してきた。以前は、麻薬および向精神薬に対する対策に関する 14 年連邦法第 1995 号がこの分野を統治していました。しかし、UAEは最近、現行および最新の法律である麻薬および向精神薬に関する30年連邦令法第2021号を制定しました。

30 年連邦令法第 2021 号の主な側面は次のとおりです。

  1. 禁止物質: 違法麻薬、向精神薬、および医薬品製造に使用される前駆体化学物質の包括的なリスト。
  2. 犯罪行為: 薬物の輸入、輸出、生産、所持、密売、促進および使用の促進。
  3. 厳しい罰則: 所持すると懲役や罰金が科される可能性があり、人身売買や密輸では終身刑や死刑が科される可能性があります。
  4. 個人使用の例外なし: 違法薬物の所持は、量や目的に関わらず犯罪となります。
  5. 立証責任: 麻薬や道具の存在は有罪の十分な証拠とみなされます。
  6. 域外適用: UAE国民および居住者は、海外で犯された犯罪で起訴される可能性があります。
  7. ユニバーサルアプリケーション: この法律は、国籍、文化、宗教に関係なく、すべての個人に適用されます。
  8. リハビリテーション プログラム: 法律は、麻薬犯罪者の更生と治療プログラムに関する規定を規定している。

以前の 14 年連邦法第 1995 号は麻薬規制の基礎を築きましたが、より新しい 30 年連邦政令法第 2021 号は、麻薬動向の変化、国際規制、リハビリテーションの可能性を反映しています。

当局は、麻薬密売や関連犯罪と闘うために、定期的な検査、高度な検出方法、国際機関との協力を通じて、これらの厳格な法律を積極的に執行しています。

UAEに​​おける薬物犯罪の種類

UAE の法律では、薬物犯罪が 3 つの主要なカテゴリに分類されており、すべてに厳しい罰則が課されます。

1。 個人使用

  • 麻薬法第 39 条では、たとえ少量であっても、個人用または娯楽目的で麻薬を所持することは禁止されています。
  • これは、UAE国民とUAEに居住または訪問する外国人の両方に適用されます。
  • 当局は個人使用犯罪者を特定するために、ランダムな薬物検査、捜索、強制捜査を実施することができます。

2. 医薬品の宣伝

  • 薬物乱用を積極的に奨励する活動も、第 33 条から第 38 条に従って厳しい罰せられます。
  • これには、営利や密売を目的としない場合でも、麻薬の販売、配布、輸送、出荷、保管が含まれます。
  • 麻薬取引の促進、売人の連絡先の共有、麻薬使用のための施設の提供もこのカテゴリに分類されます。
  • あらゆる手段を使って違法薬物を宣伝または宣伝することは、薬物犯罪とみなされます。

3. 麻薬密売

  • 最も重大な違反には、流通と利益を目的として大量の違法薬物をUAEに密輸する国境を越えた密売組織が関与している。
  • 麻薬法第 34 条から第 47 条により、犯罪者は終身刑、さらには一定の条件下では死刑に処されることもあります。
  • 麻薬の密売を試みたり、麻薬密売活動の共犯者となったりすることも処罰の対象となります。

4. その他の薬物関連犯罪

  • 違法薬物または薬物製造に使用される前駆体化学物質の栽培または製造。
  • 麻薬関連犯罪による収益に関わるマネーロンダリング。
  • 公共の場所で違法薬物を摂取またはその影響下にある。

初犯、特に私的使用または軽微な犯罪の場合、UAE法は状況と犯罪の重大性に応じて、投獄の代替として更生プログラムの潜在的な選択肢を提供しています。

UAEは、個人的な使用から大規模な密売活動に至るまで、麻薬関連犯罪のあらゆる側面に対処するための包括的なアプローチを採用しています。当局は、国境内の麻薬犯罪を抑止し、これと闘うために、懲役、罰金、場合によっては死刑を含む厳しい刑罰を課している。この法律は、個人の国籍、宗教、文化的背景に関係なく、普遍的に適用されます。

UAEではどの薬物が規制物質とみなされますか

UAE は、天然薬物と合成薬物の両方を含む、規制物質の包括的なリストを管理しています。これらは、禁止された麻薬、向精神薬、および違法薬物の製造に使用される前駆体化学物質として分類されます。以下は、UAE における主要な規制物質の一部の概要を表で示したものです。

カテゴリー物質
オピオイドヘロイン、モルヒネ、コデイン、フェンタニル、メタドン、アヘン
覚せい剤コカイン、アンフェタミン(メタンフェタミンを含む)、エクスタシー(MDMA)
幻覚剤LSD、シロシビン(マジックマッシュルーム)、メスカリン、DMT
カンナビノイド大麻 (マリファナ、ハシシ)、合成カンナビノイド (スパイス、K2)
うつ薬バルビツール酸系、ベンゾジアゼピン系(バリウム、ザナックス)、GHB
前駆体化学物質エフェドリン、プソイドエフェドリン、エルゴメトリン、リセルグ酸

このリストは網羅的ではないことに注意することが重要です。UAE 当局は、新たな合成薬物や化学変化物が出現するたびに、規制物質のリストを定期的に更新および拡大しています。

さらに、UAE の法律では、規制物質のさまざまなカテゴリーや種類を区別していません。これらの物質の所持、消費、密売は、その分類や量に関係なく、懲役、罰金、場合によっては死刑の可能性を含む厳しい刑罰が科せられる刑事犯罪とみなされます。

規制薬物に対するUAEの厳格な姿勢は、麻薬関連犯罪と闘い、国内の公衆衛生と安全を促進するというUAEの取り組みを反映している。

UAEの麻薬犯罪に対する処罰は何ですか?

アラブ首長国連邦には、薬物関連の犯罪に対して非常に厳格な法律があり、厳しい罰則を伴うゼロ寛容政策を実施しています。罰則は、麻薬および向精神薬との闘いに関するUAEの30年連邦法第2021号に概説されている。

所有と個人消費

  • 違法薬物を所持、入手、または消費した場合、最低 4 年の懲役および少なくとも 20,000 ディルハム (5,400 米ドル) の罰金が科せられます。
  • 関与した薬物の種類と量に応じて、判決は終身刑にまで延長される可能性がある。

人身売買と供給意図

  • 麻薬の密売または供給を目的とした所持は、終身刑および最低 20,000 ディルハムの罰金に処せられます。
  • 特に大規模な手術や大量の麻薬の場合には死刑が適用されることもあります。

非国民の国外追放

  • 薬物犯罪で有罪判決を受けた非UAE国民は、第57条に従い、刑期を終えるか罰金を支払った後、自動的に国外追放される可能性がある。
  • 場合によっては、刑期を満了する前に国外追放が行われることもあります。

限定的な代替判決

  • 更生、社会奉仕、減刑が認められることはほとんどなく、主に軽微な初犯の場合や犯罪者が捜査に協力した場合に認められる。
  • 裁判所の裁量に従って、場合によっては、強制更生施設が単純所持の代わりに刑務所に入れられることもあります。

追加の罰則

  • 麻薬犯罪に使用された資産/財産の没収。
  • 外国人駐在員の居住権の喪失。

UAE の麻薬取締法は、生産から消費までのサイクル全体を対象としています。麻薬器具や残留物を所持していた場合でも、罪に問われる可能性があります。法律を知らないことは防御策とみなされません。

当局はこれらの罰則を厳しく執行します。居住者と訪問者にとって、UAEの薬物不寛容政策を厳格に遵守することが重要です。この問題に関する完全かつ最新のガイダンスを得るには、法律の専門家に相談することを強くお勧めします。

アラブ首長国連邦で薬物で逮捕された観光客の法的影響

アラブ首長国連邦は、薬物や薬物乱用に対して妥協のないゼロトレランス政策を実施しています。このスタンスは観光客や訪問者にも厳しく適用されます。以前の薬物使用による微量または残留物であっても、UAE の観光客に対して次のような重大な法的影響を引き起こす可能性があります。

逮捕と起訴

  • 観光客は、大麻からより強力な麻薬に至るまで、あらゆる量の禁止麻薬を所持した場合、逮捕され、起訴される可能性があります。
  • UAE当局は通常、血液検査と尿検査を実施しており、体内に薬物が存在するだけで所持とみなされる。

厳しい罰

  • 含まれる麻薬の種類と量に応じて、観光客は多額の罰金から長期の懲役刑に至るまでの刑罰に直面することになります。
  • 罰金は 10,000 ディルハム (2,722 米ドル) から 100,000 ディルハム (27,220 米ドル) 以上の範囲であり、再犯の場合はそれ以上となります。
  • 懲役刑は数か月から数年に及び、再犯者や麻薬密売活動に関与した者にはより厳しい刑期が課せられる。
  • 大規模な麻薬密売活動に関連した最も極端なケースでは、死刑が適用される可能性があります。

最近の法改正

  • UAE は麻薬の全面禁止を維持していますが、最近の改正では特定の場合にある程度の寛大さを規定しています。
  • 少量のTHC/大麻の所持は、初犯の場合は懲役刑にならない可能性があります。ただし、物質は没収され、罰金は引き続き適用されます。 THCオイルは引き続き厳しく禁止されています。
  • 初めての所持犯罪に対する最低刑は、特定の場合に減軽されています。

国外追放と渡航制限

  • 観光客を含むすべての外国人は、アラブ首長国連邦の法律で定められているとおり、薬物犯罪で有罪判決を受け、刑期を終えるか罰金を支払った後、自動的に国外退去の対象となる。
  • 強制送還された者は、UAEや他の湾岸諸国への再入国を制限する長期渡航禁止措置の対象となる可能性もある。

UAE の妥協のない姿勢を考慮すると、永続的な影響をもたらす可能性のある重大な法的影響を避けるために、観光客が最大限の注意を払い、訪問中に違法薬物や薬物への関与を避けることが極めて重要です。

UAEは麻薬密売事件に関してインターポールとどのように協力していますか?

アラブ首長国連邦は、さまざまなルートを通じて国際的な麻薬密売と闘うために、インターポールとの緊密な協力を維持しています。その中心となるのがUAEの国家中央局(NCB)であり、国内の法執行機関とインターポール本部との間の主要な連絡役を務めている。 NCB は情報共有を促進し、UAE 当局が他の加盟国に対して容疑者、人身売買手法、麻薬に関するデータを安全に要求できるようにします。逆に、UAE の麻薬事件で収集された証拠は、NCB を通じて迅速に世界中に広められる可能性があります。

この調整はインターポールの安全な I-24/7 通信ネットワークによって可能になり、リアルタイムの国境を越えた情報交換が促進されます。さらに、UAE NCB は、特定の麻薬密売手法の詳細を求める特別通知を世界中の関係者に発行することができます。情報共有を超えて、UAEは主要な麻薬貿易ルートや組織を対象としたインターポールが調整する共同作戦に積極的に参加している。最近の例としては、東南アジアの空港を通るコカインの流れを阻止することに焦点を当てた「ライオンフィッシュ作戦」が挙げられ、ドバイはこれを財政的に支援した。

執行能力を強化するために、UAEの法執行機関は麻薬阻止のベストプラクティスを網羅したインターポールの訓練カリキュラムからも恩恵を受けている。この多面的な協力により、UAEは麻薬密売の世界的な取り締まりにおける積極的なパートナーとして位置づけられる。

専門弁護士はどのようにサポートできるか

を求めています アラブ首長国連邦の専門家 弁護士 10年に及ぶ刑期や死刑執行といった悲惨な結末を見つめる場合、効率的に取り組むことが極めて重要だ。

理想的なアドバイスは次のとおりです。

  • 経験 ローカル  
  • 情熱的な 最高の結果を達成することについて
  • 戦略的 強くつなぎ合わせて 防御
  • 高評価 過去のクライアントによる
  • アラビア語と英語の両方に堪能

よくある質問

最も一般的なものは何ですか  UAEでの犯罪?

最も頻繁に  犯罪は 所持 of 大麻、MDMA、アヘン、トラマドールなどの処方錠剤。 人身売買 容疑はハシシやアンフェタミン系の覚醒剤に関連することが多い。

持っているかどうかを確認するにはどうすればよいですか 犯罪歴 アラブ首長国連邦では?

パスポート、エミレーツ ID カード、出入国スタンプのコピーを添えて、UAE 犯罪記録局に申請を提出してください。彼らは連邦記録を調査し、もしあれば開示するだろう 有罪判決 ファイルにあります。私たちには、 犯罪歴を調べるサービス.

未成年歴がある場合、アラブ首長国連邦に旅行できますか 麻薬の有罪判決 他の場所で?

厳密に言えば、外国人入国者の入場は拒否される可能性があります。 麻薬の有罪判決 状況によっては。ただし、軽微な犯罪の場合は、事件から数年が経過していれば、引き続き UAE に入国できる可能性があります。ただし、事前に法律相談することをお勧めします。

緊急の予約については、今すぐお電話ください。 +971506531334 +971558018669