受賞した法律事務所

で私たちに書いてください case@lawyersuae.com | 緊急電話 +971506531334 +971558018669

アラブ首長国連邦における薬物乱用の罰則と人身売買犯罪

アラブ首長国連邦の麻薬法:麻薬密売に対する罰と罰則

アラブ首長国連邦の麻薬法:アラブ首長国連邦における薬物乱用の罰則と人身売買犯罪

薬物乱用は、今日の社会が直面している最も重要な問題のXNUMXつです。 それは世界的な問題になり、ほとんどすべての国がその悪影響に対処しています。 悪徳は個人や社会、特に若者に有害でした。 それはまた、薬物の誤用に起因する多くの家族の崩壊を伴う、家族の設定に対する脅威でもあります。

残念ながら、麻薬使用の問題は、麻薬密売やマネーロンダリングなどの組織犯罪に関連しているため、多くの国で根絶するのが難しいことが証明されています。 本質的に、薬物乱用は非常に恐ろしい流行になっているため、多くの国の国家の安全とセキュリティに対する脅威となっています。 他の国と同様に、アラブ首長国連邦も薬物乱用と人身売買の問題のかなりの部分を持っています。

アラブ首長国連邦での薬物乱用と人身売買の脅威は、ビジネスハブおよび移民と観光地としての同国のユニークな地理的位置と魅力によって悪化しています。 一般的に、UAEはさまざまな国籍の人々の故郷であるため、世界的な薬物乱用の問題から離れることはできません。 さらに、犯罪要素は、アラブ首長国連邦の国境を越えて麻薬を密輸するための国際貿易に関するオープンな政策を利用しています。 アラブ首長国連邦でどの薬物が違法であるか、薬物の使用と所持、人身売買、生産、流通に対する厳しい罰則と罰則を調べてください。

アラブ首長国連邦の薬物乱用および密売法

アラブ首長国連邦には、薬物乱用と密売に対するゼロトレランスポリシーがあります。 14年のUAEの連邦法第1995号 (麻薬および向精神薬法)は、麻薬およびその他の禁止物質の輸入、輸出、輸送、消費、所持、または保管の罪で有罪となった者に厳しい罰則を課します。

連邦法は、薬物を次のXNUMXつのグループに分類しています。

  • 大麻またはマリファナ、コカイン、ヘロイン、メタドン、アヘン、ニコモルヒネなどの麻薬
  • アミノレックス、ブタルビタール、エチナメート、バルビタールなどの向精神薬

薬物乱用に対する罰則には、薬物の種類に応じた特定の懲役刑と罰金が含まれますが、アラブ首長国連邦は、 依存症治療ユニット。 ユニットは、政府が彼らの回復の旅と社会の再統合で告発された麻薬中毒者を支援することを提供するリハビリテーションセンターのようなものです。 ただし、ユニットへの紹介と入場は任意です。

アラブ首長国連邦での麻薬密売に対する罰

薬物乱用の犯罪者とは異なり、UAEで麻薬の輸出入を含む麻薬密売の罪で有罪となった個人は、はるかに厳しい罰則に直面しています。 アラブ首長国連邦での違法薬物の人身売買と宣伝に対する罰則には、次のものがあります。

  • スケジュール20,000、1、2、および4で定義されているように、麻薬または向精神薬の乱用の場所を管理または確立した罪で有罪となった者には、5年からXNUMX年の懲役およびXNUMXディルハム以上の罰金が科せられます。麻薬および向精神法の
  • のスケジュール20,000、3、6、および7で定義されているように、麻薬または向精神薬の乱用の場所を管理または確立した罪で有罪とされた者には、8年からXNUMX年の懲役およびXNUMXディルハム以上の罰金が科せられます。麻薬および向精神法
  • 麻薬密売または宣伝の罪を犯した者には、50,000年からXNUMX年の懲役およびXNUMXディルハム以上の罰金が科せられます。
  • 麻薬および向精神薬のスケジュール3、6、7、および8に記載されている麻薬または向精神薬のいずれかを導入、輸入、輸出、製造、抽出、または製造した罪を犯した者には、XNUMX年からXNUMX年の懲役が科せられます。
  • 人身売買または昇進を目的として上記の違反のいずれかを犯した罪で有罪となった個人は、終身刑および50,000〜200,000ディルハムの罰金の対象となるものとします。

これらの罰則に加えて、UAEは、薬物乱用または密売を促進することを目的としたWebサイトの管理を含む、薬物乱用または密売を促進するサイバーまたはオンライン活動にも厳しい罰則を課しています。 有罪の当事者は、UAEのサイバー法に規定されているように、一時的な懲役、500,000〜1万Dhの罰金、または両方の罰金に直面します。

さらに、UAEは、薬物乱用または人身売買犯罪が死刑判決を引き付ける可能性がある国の小さなグループのXNUMXつです。 観光客や駐在員を含む訪問者は、薬物乱用や人身売買犯罪に対する既存の厳格な罰則に加えて、恒久的な国外追放に直面しています。 ただし、UAEは、国を訪れる個人に処方薬を所持することを許可しています。

厳しい罰則を課すUAE

薬物乱用と密売は世界的に大きな問題であり、UAEを含む多くの国が、薬物乱用と密売犯罪に対して厳しい罰則を課しています。 アラブ首長国連邦の外国人人口の増加に伴い、薬物乱用と密売は、各国のゼロトレランス法にもかかわらず、大きな課題であることが証明されています。 時には物議を醸す厳格な罰則に加えて、UAEはまた、リハビリテーションのような依存症治療ユニットの設立を含む、薬物乱用の問題と戦うために他の措置を講じています。 しかし、どのタイプの薬物が国内に許可されるべきかに関するガイドラインの見直しを含む、まだ改善の領域があります。

ドバイのエキスパートドラッグ弁護士

アラブ首長国連邦で薬物乱用の罰則と人身売買犯罪に直面していますか? アラブ首長国連邦で違法薬物を輸入、輸出、所持、生産、または取引することは連邦犯罪です。 アラブ首長国連邦には、麻薬密売に対するゼロトレランスポリシーがあります。 麻薬密売犯罪は、懲役、多額の罰金、国外追放につながる可能性があります。 

弁護士アラブ首長国連邦 アラブ首長国連邦での薬物乱用の罰則と人身売買犯罪に関する法的助言、支援、および代理人を提供します。 私たちの弁護士はUAE麻薬法の専門家であり、薬物乱用や人身売買事件の取り扱いに豊富な経験があります。 相談は今すぐお問い合わせください!

+971506531334 +971558018669で私たちの専門の麻薬および刑事弁護士との約束と相談のために今すぐお電話ください

上へスクロール