UAEに​​おける薬物乱用の罰則と人身売買犯罪

アラブ首長国連邦(UAE)には世界で最も厳格な薬物法があり、薬物関連の犯罪に対しては一切不寛容の政策を採用しています。これらの法律に違反した場合、居住者と訪問者の両方が高額の罰金、懲役、国外追放などの厳しい罰則の対象となります。この包括的なガイドは、UAE の麻薬規制、さまざまな種類の麻薬犯罪、刑罰と刑罰、法的防御策、およびこれらの厳しい法律との絡みを避けるための実践的なアドバイスに光を当てることを目的としています。

違法物質 また、特定の処方薬および市販薬は、薬物の管理に関する 14 年連邦法第 1995 号に基づいて厳しく禁止されています。 麻薬 > 向精神物質。この法律は、さまざまな事項を細心の注意を払って定義しています。 違法薬物のスケジュール そして乱用と中毒の可能性に基づいた分類。

1 人身売買犯罪
2 アラブ首長国連邦の薬物罰則
3 罰則と罰則

UAEの厳しい麻薬取締規則

この法律でカバーされる重要な側面には次のようなものがあります。

  • 14 年連邦法第 1995 号 (麻薬法としても知られる): UAE における麻薬規制を管理する主要な法律。この広範な法律は、UAE国内での危険物質の拡散と闘うための法的枠組みを確立します。これには、規制物質の分類、薬物関連犯罪の定義、罰則と処罰の確立、行政による押収と捜査のガイドライン、更生施設の規定、他の機関との協力メカニズムなどの側面が含まれています。

  • 連邦麻薬取締局 (FADC): 麻薬法を監督し、ドバイ警察やアブダビ警察などの他の国内機関と並んで麻薬密売に対する国家的な取り組みを調整する責任を負う中央当局。

  • 教唆: UAE では重い罰則が課される薬物関連犯罪を含む、あらゆる犯罪行為の奨励、扇動、または幇助。意図した犯罪が実行されなかった場合でも、教唆罪が適用される可能性があります。

UAEに​​おける薬物犯罪の種類

UAE の法律では、薬物犯罪が 3 つの主要なカテゴリに分類されており、すべてに厳しい罰則が課されます。

1。 個人使用

たとえ少量であっても、娯楽目的で麻薬を所持することは、麻薬法第 39 条により禁止されています。これは国民とUAEに居住または訪問する外国人の両方に適用されます。当局は個人使用犯罪者を特定するために、ランダムな薬物検査、捜索、強制捜査を実施することができます。

2. 医薬品の宣伝

薬物乱用を積極的に奨励する活動も、第 33 条から第 38 条によって厳しい処罰の対象となります。これには、営利や密売の意図がなくても、麻薬の販売、配布、輸送、発送、保管が含まれます。麻薬取引の促進や売人の連絡先の共有もこのカテゴリに分類されます。

3. 麻薬密売

最も重大な違反には、配布と利益を目的として大量の違法薬物を UAE に密輸する国境を越えた密売組織が含まれます。麻薬法第 34 条から第 47 条により、犯罪者は終身刑、さらには一定の条件下では死刑に処されることもあります。

薬 所持 > 密売 真剣です 犯罪者 アラブ首長国連邦(UAE)における重罪を伴う犯罪 罰則。このガイドでは UAE について説明します  法律、所持罪と人身売買罪の主な違いを概説し、申し立てに対する防御に関するアドバイスを提供します。

麻薬所持と密売の定義

薬物所持とは、個人使用のために違法薬物を許可なく保持または保管することを指します。対照的に、麻薬密売には、違法薬物の製造、輸送、流通、販売が含まれます。密売には多くの場合、配布または商業的利益の意図が含まれており、通常は大量の薬物が関係します。どちらもUAEでは重罪レベルの犯罪だ。

UAEに​​おける薬物の刑罰と処罰

UAE 法律 ~に対して「ゼロトレランス」の姿勢を採用する 薬物所持 あるいはたとえ微量の使用であっても違法です。

主な法律は 14 年の連邦法第 1995 号で、人身売買、販売促進、および販売を禁止しています。 所持 麻薬。カテゴリー分けしてる 物質 危険性と依存症の可能性に基づいて表にまとめます。

  • 薬物の種類: ヘロインやコカインなど、より危険と分類される依存性の高い物質に対する罰則はより厳しくなります。
  • 押収量: 大量の麻薬にはより厳しい制裁が課せられます。
  • 目的: 個人使用は、人身売買や配布に関連する犯罪ほど厳しく扱われません。
  • 市民権のステータス: UAE国民と比較して、外国人には重い刑罰と強制送還が課されます。
  • 過去の犯罪歴: 犯罪を繰り返した経歴のある個人は、ますます厳しい刑罰にさらされることになります。

人身売買 犯罪者には死刑を含むより厳しい判決が下されます。薬物犯罪の再犯などのいくつかの要因により、量刑が増加する可能性があります。 UAEに​​おける教唆罪 違法薬物活動への幇助を申請することもできる。

特徴的なペナルティには次のようなものがあります。

:

投獄に加えて、薬物の種類と量に応じて最大 50,000 ディルハムの罰金が課せられます。罰金は、非常に軽微な初回使用違反に対する代替刑罰として最近導入されました。

懲役:

昇進または人身売買の犯罪に対しては、最高で終身刑までの最低 4 年の刑。 「個人使用」の場合の拘留期間は状況に応じて決まりますが、最低2年間となります。死刑は例​​外的な人身売買の場合に適用される。

国外追放:

薬物犯罪で有罪判決を受けた非国民または外国人は、たとえ軽微な違反であっても、刑期を終えた後は強制的にUAEから追放される。国外退去後には生涯の入国禁止も課される。

代替量刑オプション:

過酷な麻薬投獄法に対する長年の批判を経て、2022年に導入された改正案では、刑務所に代わる柔軟な量刑の選択肢がいくつか設けられている。

  • リハビリテーションプログラム
  • 社会奉仕活動の罰則
  • 善良な行為を条件とする執行猶予付きの判決
  • 捜査に協力した容疑者の免除

これらのオプションは、主に軽微な初回使用犯罪または状況の緩和に適用されますが、人身売買および供給犯罪には依然として一般的な量刑ガイドラインに従って厳しい禁固刑が正当化されます。

あなたに挑戦する 課金: 鍵 防御 麻薬事件用

UAE は麻薬犯罪に対して厳格な姿勢をとっていますが、申し立てに異議を唱えるためには、いくつかの法的防衛戦略を利用できます。

  • 反対する 捜索と押収の合法性について
  • 知識の不足を示したり、 意図
  • 論争 罪状の減額または代替判決を求める
  • 麻薬の実際の所持を争う
  • 質問する 証拠と証人の信頼性
  • 憲法違反の法令と罰則への挑戦
  • 法医学的証拠と検査の弱点
  • 植え付けられたまたは汚染された薬物
  • 警察による監禁
  • 医療 必要
  • 防御としての依存症
  • 薬物の所有権または薬物との関連性について争う
  • の範囲を超える 捜索令状
  • 不当な捜索や差し押さえに対する権利の侵害
  • 可能であれば転用プログラムを検討する

達人 弁護士 強力な人材を特定して採用できる 防御 あなたの事件の詳細に基づいて、 アラブ首長国連邦における麻薬容疑.

裁判の結果 信念

投獄を超えて、それらは 有罪判決を受けた of  犯罪者は次のような被害を受ける可能性があります。

  • 犯罪歴: UAEにおける雇用と権利への障壁の原因
  • 資産差し押さえ:現金、携帯電話、車両、財産が没収される場合があります
  • 刑務所 量刑と罰金
  • 必須薬物 治療 プログラム
  • 国外追放:重大な犯罪行為を行った外国人に対し、出国を命じること。
  • UAEからの入国禁止:UAEへの帰国を生涯禁止、UAEからの永久追放となる。

これらの個人的および職業上の重大な影響は、強力な法的擁護の重要な必要性を示しています。

これらは主に軽微な初回使用犯罪または状況の緩和に適用されますが、人身売買および供給犯罪には依然として一般的な量刑ガイドラインに従って厳しい禁固刑が正当化されます。

旅行者向けの警告標識

UAE の厳しい麻薬法により、多くの旅行者や新しく到着した外国人は気づかずに深刻な法的トラブルに巻き込まれています。よくある落とし穴には次のようなものがあります。

  • コデインなどの禁止薬物を許可なく持ち込むこと
  • 騙されて、知らずに麻薬を隠し持ってしまう
  • 大麻使用が検出されない、または合法であると仮定する
  • 大使館は逮捕されれば簡単に釈放できると信じている

このような誤解により、疑いを持たない個人が違法に薬物を使用または輸送するように誘惑され、拘留ショックや犯罪歴が最高潮に達します。唯一の賢明なアプローチは、禁止薬物を認識し、UAE滞在中はいかなる種類の麻薬摂取も避けること、医学的ラベルのない荷物、保管支援、および同様の疑わしい提案に関連した奇妙な要求や申し出をする不審な人物を避けることです。

最新の禁止および制限された商品–シャルジャ税関– UAE

アラブ首長国連邦に持ち込めないもの–アブダビ国際空港

アラブ首長国連邦に持ち込めないもの–ドバイ国際空港

4 麻薬関連犯罪
5 麻薬密売
6 終身刑を受ける

専門家の法的支援が重要です

違法薬物への関与の兆候がある場合は、当局に返答したり文書に署名したりする前に、直ちに UAE の刑事専門弁護士に連絡する必要があります。熟練した法的擁護者は、協力的な被告や初対面の被告が非拘留刑を獲得できる可能性を認めた連邦法第 14 号自体の条項を頼りに、起訴について専門的に交渉します。

一流の弁護士は訴訟経験を活かして、軽度の薬物違反で捕まった外国人に対する投獄のリスクを最小限に抑え、強制送還を確実に免除します。彼らのチームは、微妙な技術的な議論を通じて、リハビリテーションプログラムの配置と条件付きの刑の執行猶予について交渉するのを支援します。パニックに陥った被拘禁者に緊急の法律相談を提供するために、24 時間年中無休で対応し続けます。

UAEの麻薬法は表面的には非常に厳しいように見えますが、司法制度には抑制と均衡が組み込まれており、有能な法律専門家がこの厳しい法制度に囚われている人々の結果を劇的に改善するために発動できます。注意すべき点は、逮捕後迅速に行動することと、その意味を理解せずにアラビア語で急いで起訴書類に署名するまで遅らせないことである。

重要な最初のステップには、次の連絡先が含まれます。 刑事弁護人 アブダビかドバイで 違反の種類と規模、逮捕部門の詳細、被告の背景、法的位置付けを形成するその他の定性的要素などの個別の詳細を考慮して、緊急の事件を評価し、最適なアプローチの戦略を立てることができます。 専門法律事務所 機密情報を提供する 初回相談 先の混乱した道を怖がる逮捕された外国人に向けて。

緊急の予約については、今すぐお電話ください。 +971506531334 +971558018669

UAEの薬物乱用刑罰と人身売買犯罪: 10の重大な事実

  1. 残留微量薬物の存在さえも処罰に値する
  2. 娯楽目的での使用は大量密輸と同様に違法
  3. 容疑者に対する薬物検査の義務化
  4. 人身売買には最低4年の懲役刑が規定されている
  5. 外国人、刑期後に国外追放の可能性
  6. 初めての人には別の量刑ルートのチャンス
  7. 未承認の処方薬を持ち歩くのは危険
  8. エミレーツ航空法は乗り継ぎの乗客にも適用されます
  9. 専門家である弁護人の支援が不可欠
  10. 拘留後は迅速に行動する必要がある

まとめ

UAE政府は、厳しい罰則、遍在するCCTV監視や高度な国境検査技術などの安全保障への取り組み、国民の意識向上活動、地域および世界の麻薬取締機関への献身的な支援を通じて、違法麻薬に対する揺るぎない取り組みを続けています。

しかし、改正法規定では、軽微な違反に対する量刑の柔軟性を導入することで、刑罰と更生のバランスをとっている。これは、麻薬密売業者や密売業者に対する厳しい制裁を維持しながら、時折使用する人々の改革を支援するという現実的な転換を示唆している。

訪問者や駐在員にとって、あらゆる罠を回避するには、禁止薬物、医薬品の承認、不審な知人について警戒し、賢明に行動する必要があります。しかし、最善の予防措置を講じたにもかかわらず、滑り落ちてしまう可能性はあります。そして最悪の反応は、焦ったり、パニックになったり、諦めたりすることです。その代わりに、専門の刑事弁護士が適切な緊急対応を提供して、複雑な法的仕組みに取り組み、クライアントに代わって専門的に交渉し、現実的な結果を達成します。

UAEの麻薬法は世界で最も厳しいものの一つかもしれないが、最初の重要な時期に専門家の指導が確保されていれば、まったく柔軟性がないわけではない。専門の弁護人は、投獄の釘によってすべての救いの扉が閉ざされる前に、最良の命綱であり続けます。

正しいものを見つける 弁護士

を求めています アラブ首長国連邦の専門家 弁護士 10年に及ぶ刑期や死刑執行といった悲惨な結末を見つめる場合、効率的に取り組むことが極めて重要だ。

理想的なアドバイスは次のとおりです。

  • 経験 ローカル  
  • 情熱的な 最高の結果を達成することについて
  • 戦略的 強くつなぎ合わせて 防御
  • 高評価 過去のクライアントによる
  • アラビア語と英語の両方に堪能

よくある質問

最も一般的なものは何ですか  UAEでの犯罪?

最も頻繁に  犯罪は 所持 of 大麻、MDMA、アヘン、トラマドールなどの処方錠剤。 人身売買 容疑はハシシやアンフェタミン系の覚醒剤に関連することが多い。

持っているかどうかを確認するにはどうすればよいですか 犯罪歴 アラブ首長国連邦では?

パスポート、エミレーツ ID カード、出入国スタンプのコピーを添えて、UAE 犯罪記録局に申請を提出してください。彼らは連邦記録を調査し、もしあれば開示するだろう 有罪判決 ファイルにあります。私たちには、 犯罪歴を調べるサービス.

未成年歴がある場合、アラブ首長国連邦に旅行できますか 麻薬の有罪判決 他の場所で?

厳密に言えば、外国人入国者の入場は拒否される可能性があります。 麻薬の有罪判決 状況によっては。ただし、軽微な犯罪の場合は、事件から数年が経過していれば、引き続き UAE に入国できる可能性があります。ただし、事前に法律相談することをお勧めします。

緊急の予約については、今すぐお電話ください。 +971506531334 +971558018669

上へスクロール