UAE における偽造の犯罪、法律、および刑罰

偽造 他人を欺くために文書、署名、紙幣、美術品などを偽造する犯罪を指します。これは重大な法的罰金を科される可能性のある重大な刑事犯罪です。この記事では、UAE の法律で認められているさまざまな形式の偽造、対応する法規定、およびそのような犯罪で有罪判決を受けた者に待ち受ける厳しい刑罰について詳しく検討します。

UAE法における偽造の定義は何ですか?

偽造 だます目的で物体や文書を作成、改変、または模倣するプロセスです。これには、優位性を得るために何か虚偽のものを作り出すことが含まれます。これには、貨幣の偽造、偽の美術品の作成、法的書類への署名の偽造、貨幣を盗むための小切手の改ざん、その他の欺瞞行為が含まれます。 活動。 3 年連邦法第 1987 号 (刑法) 第 216 条に定義されています。

一般に、偽造品とコピーまたは複製を区別する重要な側面がいくつかあります。

  • 詐欺または欺瞞の意図 – 偽造品は、合法的に複製するためではなく、悪意を持って作成されます。
  • 虚偽の表現 – 偽造者は、自分の作品が正当である、または他人によって作成されたものであると主張します。
  • 値の変更 – 価値を高めたり、何らかの利点を生み出すために変更が行われます。

対象となるアイテムの一般的な例 偽造者 これには、契約書、小切手、通貨、身分証明書、歴史的遺物、美術品、収集品、金融取引記録が含まれます。重要な点は、偽造には通常、公式の法的文書や文書が関与するということです。すべての模倣品が偽造とみなされるわけではありません。違法に改ざんされた法的記録や金銭記録に関わるもののみが対象となります。

UAE で認められる偽造品にはどのようなものがありますか?

作成にはさまざまなテクニックが使用されます 偽造 改ざんされる商品の種類によって異なります。一般的な偽造の種類は次のとおりです。

文書偽造

これには、詐欺目的で偽の文書を作成したり、正規の文書の情報を変更したりすることが含まれます。一般的なターゲットには次のようなものがあります。

  • 身分証明書 – 運転免許証、パスポート、社会保障カード。
  • 財務書類 – 小切手、支払い命令、ローンの申し込み。
  • 法的書類 – 契約書、遺言書、証書、学生の記録。

代表的なテクニックとしては、 偽造、ページの置換、本物の文書の上に新しいテキストを置く、情報の削除または追加、他の文書からの署名の追跡。

署名偽造

署名偽造 誰かの固有の手書き名を改ざんすることに特に焦点を当てています。一般的なターゲットには次のようなものがあります。

  • 小切手 – 金額、受取人名を改ざんしたり、振出人の署名を偽造したりする。
  • 法的文書 – 遺言書、契約書、証書への署名の偽造。
  • 芸術作品 – 価値を高めるために偽の署名を追加する。
  • 歴史的品目 – アイテムを有名人のものであると誤って主張すること。

偽造者 文字の形、ペンのリズム、書き順、筆圧などの側面を注意深く模倣することを学びます。

偽造

偽造 企業や消費者を騙す目的で貴重品の偽物のレプリカを作成する行為です。ターゲットには次のものが含まれます。

  • 通貨 – 最も偽造されている – 米国の 100 ドル紙幣。発行部数は最大 70 万ドル。
  • 高級品 – デザイナーの服、時計、ジュエリーはコピーされます。
  • クレジット/デビットカード – 盗まれたデータで複製することができます。
  • 購入する – 偽の旅行、イベントチケットをオンラインで販売。

洗練されたプリンターと新しいセキュリティ機能により、現代の偽造品は非常に説得力のあるものになっています。

美術品の偽造

美術品の偽造 著名な芸術家と同様の作品を創作し、オリジナルの絵画や彫刻として世に出すことを指します。動機には、名声、評価、そして希少な失われた作品に巨額のお金を払う熱心なアートコレクターからの莫大な利益が含まれます。

偽造者 アーティストの素材、技術、スタイルの研究に何年も費やしました。多くは自身にかなりの芸術的才能を持っており、ストロークパターン、筆遣い、絵の具のひび割れパターンを注意深く研究し、一流の専門家を欺くことができる偽物を複製します。

デジタルメディアの偽造

テクノロジーの進歩により、画像、ビデオ、音声、Web サイトなどのデジタル メディアを改ざんすることが可能になりました。の始まり ディープフェイク では、実際にはしていないことを行ったり発言したりする人々の説得力のある偽ビデオを作成するための、AI を活用した強力なテクニックを示しています。

その他の一般的な手法には、画像のフォト ショッピング、オーディオ クリップの操作、Web サイトのなりすまし、スキャンした文書の改ざん、スクリーンショットやロゴの捏造などがあります。これらは、誹謗中傷、誤った情報、フィッシング攻撃、個人情報の盗難、オンライン詐欺に使用される可能性があります。

印鑑偽造

印鑑偽造は、政府機関、組織、または企業が使用する公印やスタンプを許可なく作成、複製、または改ざんする特定の種類の偽造です。これらの印鑑は、重要な文書、契約書、証明書、その他の公式記録の信頼性と正当性を検証する手段として機能します。

印鑑偽造の重大さは、これらの重要な文書の信頼性と完全性を損なう可能性があることにあります。加害者は、偽造印鑑を作成したり、既存の印鑑を変更したりすることで、本物に見える偽造文書を作成することができ、個人や組織に法的、経済的、または評判に悪影響を与える可能性があります。

偽造と改ざんの違いは何ですか?

側面偽造改ざん
定義UAE 刑法第 216 条に定義されている、欺瞞または詐欺を目的として虚偽の文書、物品、または模倣品を最初から作成すること。第 215 条に基づく、事実を偽る目的で、元々本物だった文書または物体を変更または改ざんすること。
通貨の偽造、大学の学位の偽造、美術品の偽造、身分証明書や署名の偽造。公式報告書の修正、契約条件の変更、製品ラベルや仕様の改ざん。
意図完全に虚偽のものを作成して欺こうとする明らかな意図。本物の商品を改変して真実を偽る意図。
罰則一時的な懲役および/または罰金。外国人居住者の場合、場合によっては国外退去が適用される場合があります。重大度に応じて拘留、罰金および/または国外追放。公務員に対しては厳しい。
同時発生偽造の過程で改ざんが発生した場合、両方の犯罪は別々に処罰されます。偽造が改ざんプロセスの一部である場合、両方が 1 つの犯罪とみなされ、複合刑が課せられます。
免除芸術作品、風刺、または不正な意図がない場合は一部免除されます。非常に限定された免除が適用されます。
その他の犯罪偽造文書の使用などの詐欺に関連することがよくあります。職権乱用やその他の違反が含まれる場合もあります。

主な違いは、偽造はゼロから開始して完全に偽物のものを作成するのに対し、改ざんは本物の文書や物体を欺瞞的に変更することです。 UAE の法律は、誠実さを守るために両方の犯罪に厳しく対処しています。

アラブ首長国連邦における偽造に対する罰則は何ですか?

UAE における偽造犯罪は厳しく対処され、犯された犯罪の種類に応じて罰則が厳しくなる場合があります。選択された偽造犯罪に対する潜在的な処罰は次のとおりです。

文書偽造

  • 公文書の場合: 最高 10 年の一時的な懲役 (UAE 刑法第 251 条)
  • 非公式文書の場合: 裁判所が決定する懲役刑、公文書偽造よりも軽い。
  • 偽造文書コピーの使用: 最長 5 年の懲役 (UAE 刑法第 217 条)

署名偽造

  • 文書への署名の複製は文書偽造罪に該当する

偽造

  • 偽造通貨は金融システムに大きな破壊的影響を与えると考えられています
  • 長期の懲役や高額な罰金を含む厳しい刑罰が適用される

美術品の偽造

  • 罰則は、偽造されたアートワークの価値と意図(購入者を欺く、アーティストの評判を傷つける)によって異なります。
  • 詳細に応じて、罰金から投獄までの範囲にわたる可能性があります

デジタルメディアの偽造

  • 連邦政令法第 34/2021 号に基づき:
    • 連邦/地方政府の電子文書偽造: 一時的な懲役および150,000~750,000ディルハムの罰金
    • 他の団体の文書偽造: 拘留および/または AED 100,000~300,000 の罰金

印鑑偽造

  • 文書偽造罪の一部とみなされる
  • 文書偽造罪の処罰対象となる

UAEがあらゆる種類の偽造に対してゼロ寛容なアプローチをとっており、真正性と信頼性を損なうそのような違法行為を防ぐことを目的とした罰則を設けていることは明らかです。

偽造品の防止

詐欺事件を減らすには、以下に重点を置いた包括的で多層的な防止が必要です。

書類の保護

  • 金庫、ロックボックス、暗号化ドライブなど、機密性の高いアイテムを安全に保管します。
  • 施錠されたオフィス、パスワード ポリシーにより、物理的/デジタル アクセスを制限します。
  • 監視カメラ、警報器、警備員を雇用する。

認証技術

  • 生体認証 – 指紋、顔、虹彩の認識。
  • ブロックチェーン – デジタル取引のための分散型台帳。
  • デジタル署名 – 信頼性を検証する暗号化された識別子。

ユーザー教育

  • 現場に人員を訓練する 偽造 – 改ざんされた文書、透かし、検証サインを特定します。
  • リスクと防止ポリシーを説明する詐欺啓発キャンペーンを推進します。

慎重な採用

  • 文書や財務上のアクセスを許可する前に、担当者を徹底的に精査してください。
  • 犯罪歴調査、信用調査、雇用確認を実施します。

偽造検出技術

捜査官はいくつかの法医学的手法を活用し、文書を作成します。 審査官 商品が本物かどうかを判断するため、または 偽造:

  • 筆跡分析 – フォント、スラント、ストロークパターン、筆圧、署名の習慣を比較します。
  • 論文分析 – 透かし、ロゴ、化学組成、繊維の配置を研究します。
  • インクの検証 – 色、化学組成、プールされた厚さをテストします。
  • イメージング – 顕微鏡、分光分析、ESDA テスト、およびコンピューター画像ソフトウェア。

手書きと文書 専門家 書き込み特性とモデムのセキュリティ機能を体系的に分析するための広範なトレーニングを受けます。彼らは、真正性に関する検査と結論についての詳細なレポートを提供します。

数十万の費用がかかる主要な芸術作品や、出所が疑わしい作品の場合、所有者は科学的分析を利用して出所を証明し、可能性を明らかにします。 偽造。テストでは、素材、経年の汚れや汚れの層、キャンバスのスタンプ、放射性同位体年代測定、複数のペイント層を検査するセグメント赤外分光法をチェックします。

ドバイで偽造事件を起こす手順は何ですか?

ドバイで偽造の被害に遭った疑いがある場合は、ドバイ警察に訴訟を起こすことができます。最初のステップは、最寄りの警察署に行き、正式な告訴を提出することです。事件に関する詳細、偽造文書や偽造物などの証拠、および容疑者に関する情報を提供できるように準備してください。

告訴状を提出した後、警察はこの問題を徹底的に捜査する予定です。彼らはあなたに追加の文書や証拠を要求する場合があり、また、尋問のために被告人を召喚する場合もあります。事件の複雑さによっては、調査プロセスに時間がかかる場合があります。

警察が十分な証拠を集めたら、事件を検察に送致します。その後、検察官が事件を検討し、起訴するかどうかを決定します。告訴が行われた場合、訴訟はドバイ裁判所に移送され、アラブ首長国連邦の偽造に関する法律に従って審理されることになる。司法手続きを進めるために法律顧問を求めることをお勧めします。

専門弁護士はどのようにサポートできるのでしょうか?

UAE における偽造事件の捜査は、犯罪の深刻な性質と国の法制度に関わる複雑さを考慮すると、複雑で困難なプロセスになる可能性があります。このような状況では、偽造事件の処理を専門とする弁護士に支援を求めることが非常に貴重であることがわかります。

専門の弁護士は、関連する法律、裁判手続き、偽造犯罪に特有の証拠要件について深い知識と完全な理解を持っています。彼らは、強力な訴訟の構築、効果的な証拠の収集と提示、法廷での有能な代理人について専門的な指導を提供します。このような訴訟の微妙な違いを熟知していることは、適切な法的戦略を立てる上で非常に重要です。

さらに、経験豊富な偽造弁護士は、訴訟の潜在的な結果と結果について貴重な洞察を提供し、情報に基づいた意思決定を行うことができます。また、あなたに代わって当局と交渉し、あなたの権利を擁護し、法的手続きが公正かつ透明であることを保証することもできます。同様の事件を処理する専門知識があれば、有利な解決に至る可能性が大幅に高まります。

緊急の予約については、今すぐお電話ください。 +971506531334 +971558018669

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

上へスクロール