ドバイの刑事司法: 犯罪の種類、罰則、刑罰

ドバイまたはアラブ首長国連邦の刑法は、あらゆる犯罪をカバーする法分野です。 犯された犯罪 個人による国家に対する。その目的は、国家や社会にとって受け入れられないと考えられるものの境界線を明確に示すことです。 

  アラブ首長国連邦(UAE) ユニークを持っています 法制度 の組み合わせから派生します イスラム法(シャリーア)、およびいくつかの側面 市民法 および コモンロー 伝統。 UAE における犯罪と違法行為は、主に 3 つのカテゴリに分類されます。 違反、軽犯罪、 および 重罪 – 可能性を決定する分類による 罰と罰。

UAE の主要な側面の概要を提供します 刑法 以下を含むシステム:

  • よくある犯罪と違法行為
  • 刑罰の種類
  • 刑事司法手続き
  • 被告人の権利
  • 訪問者および駐在者へのアドバイス

アラブ首長国連邦刑法

アラブ首長国連邦 法制度 この国の歴史とイスラム遺産に根ざした文化的および宗教的価値観を反映しています。のような法執行機関は、 警察 地域の習慣や規範を尊重しながら公共の安全を促進することを目指します。

  • シャリア原則 イスラム法学からの影響は、特に道徳と行動に関する多くの法律に影響を与えます。
  • の側面 市民法 フランスとエジプトの制度から商業的および民事的規制が形成されています。
  • の原則 コモンロー 刑事手続き、訴追、被告人の権利に影響を与える。

その結果として生まれた司法制度には、それぞれの伝統の要素が組み込まれており、UAE の独特な国家アイデンティティに適応しています。

刑法の基礎となる主要な原則は次のとおりです。

  • 無罪の推定 – 証拠が合理的な疑いを超えて有罪を証明するまで、被告は無罪とみなされます。
  • 弁護士に相談する権利 – 被告人は、裁判を通じて法的弁護のために弁護士を依頼する権利を有します。
  • 比例処罰 – 量刑は犯罪の重大度と状況に適合することを目的としています。

重大な犯罪に対する処罰はシャリア原則に従って厳しいものとなる可能性がありますが、リハビリテーションと修復的司法がますます重視されています。

主な犯罪の種類

  アラブ首長国連邦の刑法 刑事犯罪とみなされる幅広い行動を定義します。主なカテゴリは次のとおりです。

暴力/個人犯罪

  • 暴行 – 他人に対する暴力的な身体的攻撃または脅迫
  • 強盗 – 暴力や脅迫による財産の窃盗
  • 殺人 – 不法な人間の殺害
  • レイプ – 同意のない強制的な性交
  • 誘拐 – 人を不法に捕まえて拘留する

財産犯罪

  • 盗難 – 所有者の同意なしに財産を取得する
  • 強盗 – 財産を盗むための不法侵入
  • 放火 – 意図的な火災による物品の破壊または損害
  • 横領 – 誰かに預けられた資産を盗む

金融犯罪

  • 詐欺 – 不法利益を目的とした欺瞞(偽の請求書、ID の盗難など)
  • 資金洗浄 – 違法に入手した資金を隠蔽する
  • 背任 – あなたに預けられた財産の不当な悪用

サイバー犯罪

  • ハッキング – コンピュータシステムやデータに不法にアクセスすること
  • 個人情報の盗難 – 他人の身分を利用して詐欺を行うこと
  • オンライン詐欺 – 被害者を騙して金銭や情報を送金させる

薬物関連犯罪

  • 人身売買 – マリファナやヘロインなどの違法薬物の密輸
  • 所持 – たとえ少量であっても違法薬物を所持している
  • 消費 – 違法薬物を娯楽目的で摂取する

交通違反

  • スピード – 指定速度の超過
  • 危険な運転 – 車両を無謀に操作し、危害を加える危険がある
  • DUI – 薬物またはアルコールの影響下での運転

その他の犯罪には、公共の場での酩酊などの公序良俗に反する犯罪、不倫などの人間関係のタブー、宗教や地域の文化的価値観を軽視するとみなされる行為などが含まれます。

外国人、旅行者、訪問者も、意図せずに軽犯罪を犯すことがよくあります。 公序良俗違反多くの場合、文化的な誤解や現地の法律や規範に対する認識の欠如が原因です。

罰則と罰則

犯罪に対する罰は、犯罪の重大さと背後にある意図に適合することを目的としています。考えられる刑事刑には次のようなものがあります。

犯罪と状況に応じて罰金が決まります:

  • 数百 AED の軽度の交通罰金
  • 数万ディルハムの罰金を科せられる大規模詐欺罪

罰金は、投獄や国外追放などの他の刑罰を伴うことがよくあります。

懲役

懲役期間の長さは次のような要因によって異なります。

  • 犯罪の種類と重大さ
  • 暴力や武器の使用
  • 過去の犯罪と犯罪歴

麻薬密売、強姦、誘拐、殺人には数十年にわたる懲役刑が科せられることがよくあります。の 教唆に対する処罰 またはこれらの犯罪の実行を幇助した場合も、投獄される可能性があります。

国外追放

犯罪で有罪判決を受けた非国民は国外追放され、長期間または生涯にわたってUAEからの入国が禁止される場合がある。

体罰と極刑

  • フロッキング – シャリーア法に基づく道徳違反に対する罰としての鞭打ち
  • 石打ち – 姦淫の有罪判決にはめったに使用されない
  • 死刑 – 極端な殺人事件での死刑執行

これらの物議を醸す判決は、アラブ首長国連邦の法制度のイスラム法基盤を反映している。しかし、それらが実際に実装されることはほとんどありません。

リハビリテーションの取り組みでは、釈放後の再犯を減らすためにカウンセリングや職業訓練を提供しています。社会奉仕活動のような非拘留に代わる制裁は、犯罪者の社会復帰を目的としている。

刑事司法制度のプロセス

UAEの司法制度には、最初の警察からの報告から、 刑事裁判と控訴。主な手順は次のとおりです。

  1. 申し立ての提出 – 被害者または目撃者が犯罪容疑を正式に警察に報告する
  2. 調査 – 警察は証拠を収集し、検察向けの事件ファイルを作成します
  3. 起訴 – 政府弁護士が容疑を評価し、有罪判決を主張する
  4. トライアル – 裁判官は評決を下す前に法廷で弁論と証拠を審理します
  5. 判決 – 有罪判決を受けた被告は罪状に基づいて刑罰を受ける
  6. 控訴 – 高等裁判所が有罪判決を再検討し、覆す可能性がある

あらゆる段階において、被告はUAE法に規定されている法的代理権と適正手続きを受ける権利を有します。

被告人の権利

UAE 憲法は、以下を含む市民的自由と適正手続きの権利を支持しています。

  • 無罪の推定 – 立証責任は被告ではなく検察にある
  • 弁護士へのアクセス – 重罪事件における法的代理人の義務付け
  • 通訳する権利 – 非アラビア語話者向けの翻訳サービスを保証
  • 上訴する権利 – 高等裁判所の判決に異議を唱える機会
  • 虐待からの保護 – 恣意的な逮捕または強制に対する憲法の規定

これらの権利を尊重することで、虚偽の自白や自白の強要を防ぎ、公正な結果を確保することができます。

アラブ首長国連邦の犯罪の種類
犯罪刑務所
犯罪の重大さ

訪問者および駐在者へのアドバイス

文化的なギャップやなじみのない法律を考慮すると、観光客や駐在員は意図せず軽微な違反を犯すことがよくあります。一般的な問題には次のようなものがあります。

  • 公衆酩酊 – 高額の罰金、警告、または国外退去
  • わいせつな行為 – 不謹慎な行動、服装、公の場での愛情表現
  • 交通違反 – 標識はアラビア語のみで書かれている場合が多く、罰金は厳しく執行される
  • 処方薬 – 指定されていない医薬品の持ち込み

拘留または起訴された場合、主な手順は次のとおりです。

  • 冷静かつ協力的であり続ける – 敬意を持ったやり取りによりエスカレーションを防止
  • 領事館/大使館に連絡する – 支援を提供できる職員に通知する
  • 安全な法的サポート – UAEの制度に精通した資格のある弁護士に相談してください
  • 間違いから学ぶ – 旅行前に文化トレーニングのリソースを活用する

しっかりとした準備と意識を持つことで、海外での法的トラブルを回避することができます。

UAE は、イスラム法と民法の伝統を融合した法制度を通じて、治安と安全を優先しています。一部の刑罰は西側の基準からすると厳しいように見えるが、報復よりも社会復帰と地域社会の福祉がますます重視されるようになっている。

ただし、厳しい罰則が課される可能性があるため、外国人居住者や観光客は注意と文化的配慮を払う必要があります。独自の法律や慣習を理解することで、法的トラブルを未然に防ぐことができます。地元の価値観を慎重に尊重することで、訪問者は UAE のおもてなしとアメニティを最大限に楽しむことができます。


よくある質問

他の国と比べて、UAE の法制度の特徴は何ですか?

UAE は、イスラム教のシャリア法、フランス/エジプトの民法、および英国の影響によるいくつかのコモンロー手続きの側面を融合しています。このハイブリッド システムは、この国の文化遺産と現代の優先事項を反映しています。

UAEでよくある観光客の犯罪や犯罪の例にはどのようなものがありますか?

訪問者は、公共の場での酩酊、わいせつな服装、公の場での愛情表現、交通違反、処方箋麻薬などの薬物の所持など、意図せずして軽度の公序良俗犯罪を犯してしまうことがよくあります。

ドバイまたはアブダビで犯罪で逮捕または告発された場合はどうすればよいですか?

冷静さを保ち、当局に協力してください。法的代理人をすぐに確保 – UAE は重罪事件には弁護士を必要とし、軽犯罪には弁護士の派遣を認めています。警察の指示には敬意を持ってに従いますが、自分の権利を理解してください。

アラブ首長国連邦では、パートナーとお酒を飲んだり、公共の場で愛情を示したりすることはできますか?

飲酒は厳しく制限されています。ホテルやレストランなどの認可された施設内でのみ合法的に消費してください。恋人との公の場での恋愛も禁止されており、接触はプライベートな場に限定されます。

犯罪を報告し、UAE当局に法的苦情を申し立てるにはどうすればよいですか?

犯罪を正式に報告するには、地元の警察署に告訴状を提出してください。ドバイ警察、アブダビ警察、および一般緊急電話番号はすべて、刑事司法手続きを開始するための公式苦情を受け付けています。

のいくつかの例は何ですか 財産 & ファイナンシャル 犯罪 アラブ首長国連邦での彼らの処罰は?

詐欺、マネーロンダリング、横領、窃盗、強盗は、多くの場合、懲役刑と賠償金を科せられます。密集したUAEの都市での火災の危険性を考慮すると、放火には最高15年の懲役が科せられる。サイバー犯罪では、罰金、デバイスの没収、国外追放、または投獄の対象となる場合もあります。

ドバイまたはアブダビに旅行する際、通常の処方薬を持参できますか?

指定されていない薬物を持ち込むと、たとえ一般的な処方箋であっても、UAE で拘留または起訴される危険があります。訪問者は規制を徹底的に調べ、渡航許可を申請し、医師の処方箋を手元に置いておく必要があります。

地元の UAE 弁護士があなたの刑事事件をどのようにサポートしますか

の一般規定の第4条に記載されているように 連邦法第35/1992号、終身刑または死刑の重罪で告発された人は、信頼できる弁護士の支援を受けなければなりません。 その人がそうする余裕がなかった場合、裁判所は彼のためにそれを任命するものとします。

一般的に、検察は捜査を行う専属管轄権を有し、法律の規定に従って起訴を指示します。 ただし、連邦法第10/35号の第1992条に記載されている一部の事件は、検察官の支援を必要とせず、申立人は自分自身または法定代理人を通じて訴訟を起こすことができます。

ドバイまたは UAE では、資格のある首長国法擁護者はアラビア語に精通していなければならず、傍聴する権利を持っていることに注意することが重要です。 それ以外の場合は、宣誓を行った後に通訳の助けを求めます。 注目すべきは、刑事訴訟が時効となるという事実である。 被害者が撤回または死亡すると、刑事訴訟は無効になります。

あなたは アラブ首長国連邦の弁護士 あなたがふさわしい正義を受けられるよう、刑事司法制度をうまく乗り切る手助けをしてくれる人です。 なぜなら、法的思考の助けがなければ、法律は最も助けを必要としている被害者を助けることはできないからです。

私たちとの法律相談は、あなたの状況と懸念を理解するのに役立ちます。あなたや愛する人がアラブ首長国連邦で刑事告発に直面している場合、私たちがお手伝いいたします。 

ミーティングをスケジュールするには、お問い合わせください。私たちはドバイまたはアブダビで最高の刑事弁護士を擁し、あなたをサポートします。ドバイで刑事司法を受けるのは少々大変かもしれません。国の刑事司法制度に精通し、経験豊富な刑事弁護士が必要です。緊急の電話の場合 +971506531334 +971558018669

上へスクロール