UAEに​​おける金融犯罪とその結果

金融犯罪とは、 違法行為 個人的な金銭的利益を目的とした不正な金融取引または不誠実な行為に関係するもの。深刻で悪化しています 全体的な などの犯罪を可能にする問題 マネーロンダリング、テロ資金供与、 もっと。この包括的なガイドでは、深刻な問題を調査します。 脅威、広範囲にわたる インパクト、 最新 のトレンドを利用する、そして最も効果的です ソリューション 世界中の金融犯罪と戦うために。

金融犯罪とは何ですか?

金融犯罪 あらゆるものを包含する 違法行為 取得を伴う お金 欺瞞や詐欺による財産の侵害。主なカテゴリは次のとおりです。

  • 資金洗浄: の起源と動きを偽装する 違法な資金 から 犯罪行為.
  • 詐欺: 不法な金銭的利益や資産を目的として企業、個人、または政府をだますこと。
  • サイバー犯罪: テクノロジーを利用した窃盗、詐欺、または金銭的利益を目的としたその他の犯罪。
  • インサイダー取引:株式市場の利益のために民間企業の情報を悪用する。
  • 贈収賄/汚職:行動や意思決定に影響を与えるために現金などのインセンティブを提供する。
  • 脱税:違法に納税を逃れるために所得を申告しないこと。
  • テロ資金調達: テロリストのイデオロギーや活動を支援するための資金の提供。

雑多 違法な方法 ~の本当の所有権や出所を隠すのに役立つ お金 およびその他の 資産。金融犯罪は、麻薬密売、人身売買、密輸などの重大な犯罪も可能にします。 教唆の種類 こうした金融犯罪の幇助、幇助、共謀などは違法です。

高度なテクノロジーと世界的なつながりにより、金融犯罪が繁栄します。ただし、専用のグローバル 組織 統合が進んでいる ソリューション これまで以上に効果的にこの犯罪の脅威と戦うために。

UAEに​​おける主な金融犯罪の種類

世界の影の経済を煽る主な金融犯罪のいくつかの形態を調べてみましょう。

資金洗浄

  古典的なプロセス of マネーローンダリング 次の 3 つの主要な段階が含まれます。

  1. 配置 - 紹介 違法な資金 預金や事業収益などを通じて主流の金融システムに組み込まれます。
  2. 階層化 – 複雑な金融取引を通じて資金の痕跡を隠蔽します。
  3. 統合 – 投資や贅沢品の購入などを通じて、「浄化された」お金を正規の経済に統合します。

マネーロンダリングは犯罪収益を隠蔽するだけでなく、さらなる犯罪行為を可能にします。企業が気付かないうちに、誤って有効にしてしまう可能性があります。その結果、世界的なマネーロンダリング防止(AML)規制は、銀行やその他の機関に対し、マネーロンダリングと積極的に戦うためのより厳格な報告義務とコンプライアンス手順を義務付けています。前向きな一歩として、UAEは2024年XNUMX月に金融活動作業部会(FATF)の「グレーリスト」から除外され、同国のAML規制強化の進展が示された。

その結果、世界的に マネーロンダリング防止(AML) 規制では、銀行やその他の機関がマネーロンダリングと積極的に戦うために、より厳格な報告義務と遵守手順が義務付けられています。次世代の AI および機械学習ソリューションは、不審なアカウントや取引パターンの自動検出に役立ちます。

詐欺

世界的な損失 支払い詐欺 単独で超えた 2022年の174億4000万ドル さまざまな詐欺がテクノロジー、個人情報盗難、ソーシャル エンジニアリングを利用して、違法な送金や資金へのアクセスを促進しています。種類には次のものがあります。

  • クレジット/デビットカード詐欺
  • フィッシング詐欺
  • ビジネスメールの侵害
  • 偽の請求書
  • ロマンス詐欺
  • ねずみ講/ねずみ講
  • 合成ID詐欺
  • アカウント乗っ取り詐欺

詐欺は経済的信頼を侵害し、被害者に苦痛を与え、消費者と金融提供者双方のコストを増加させます。不正分析と法医学会計技術は、金融機関や法執行機関によるさらなる調査のために不審な活動を明らかにするのに役立ちます。

「金融犯罪は影で蔓延しています。その暗い隅に光を当てることが、それを解体するための第一歩です。」 – ロレッタ・リンチ、元米国司法長官

サイバー犯罪

金融機関に対するサイバー攻撃は、238 年から 2020 年にかけて世界的に 2021% 増加しました。デジタル金融の成長により、テクノロジーを活用したビジネスの機会が拡大しています。 金融サイバー犯罪 以下のように:

  • 暗号通貨ウォレット/取引所のハッキング
  • ATMジャックポット
  • クレジットカードスキミング
  • 銀行口座の認証情報の盗難
  • Ransomware攻撃
  • モバイルバンキング/デジタルウォレットへの攻撃
  • 「今すぐ購入して後払い」サービスをターゲットにした詐欺

世界的なサイバー犯罪による損失は、 $ 10.5兆 今後 5 年間にわたって。サイバー防御が向上し続ける一方で、専門のハッカーは、不正アクセス、データ侵害、マルウェア攻撃、金銭窃盗のための、これまで以上に洗練されたツールや手法を開発しています。

脱税

企業や富裕層による世界的な租税回避と脱税は、報告によると、 年間 500 ~ 600 億ドル。複雑な国際的な抜け穴とタックスヘイブンが問題を助長します。

脱税 公共歳入を侵食し、不平等を悪化させ、借金への依存度を高めます。これにより、医療、教育、インフラなどの重要な公共サービスに利用できる資金が制限されます。政策立案者、規制当局、企業、金融機関間の世界的な協力関係が改善されると、税制がより公平かつ透明になる可能性があります。

追加の金融犯罪

その他の主要な金融犯罪には次のようなものがあります。

  • インサイダー取引 – 株式市場の利益のために非公開情報を悪用する
  • 贈収賄/汚職 – 金銭的インセンティブを通じて意思決定や活動に影響を与える
  • 制裁回避 – 利益を得るために国際制裁を回避する
  • 偽造 – 偽の通貨、文書、製品などを作成すること。
  • 密輸 – 国境を越えた違法な商品/資金の輸送

金融犯罪は、違法薬物や人身売買からテロや紛争に至るまで、事実上あらゆる種類の犯罪活動と結びついています。問題の多様性と規模の多さには、世界規模での協調的な対応が必要です。

UAEに​​おけるさまざまな金融犯罪に対する処罰

金融犯罪関連法罰範囲
資金洗浄連邦法第 4/2002 年 (改正後)3年から10年の懲役および/または最高50万ディルハムの罰金
詐欺連邦法第 3/1987 年 (改正後)状況によって異なりますが、通常は最高 3 年の懲役または罰金が科せられます。
サイバー犯罪連邦法第 5/2012 年 (改正後)50,000ディルハムから3万ディルハムまでの罰金、および/または最高10年の懲役
脱税連邦法令-法律第6/2017100,000ディルハムから500,000ディルハムの罰金および懲役の可能性
偽造連邦法第6/1976号最長 10 年の懲役および/または罰金
贈収賄/汚職連邦法第 11/2006 年 (改正後)贈与者と受領者には最高 7 年の懲役および/または最高 1 万ディルハムの罰金
インサイダー取引連邦法第 8/2002 年 (改正後)最高 5 年の懲役および/または最高 10 万ディルハムの罰金

ドバイにおける金融犯罪の捜査と起訴

ドバイにおける金融犯罪の捜査:

  1. レポート: 金融犯罪の事例の報告は、犯罪の性質に応じて、ドバイ警察または関連する金融規制当局に連絡することにより、指定されたルートを通じて容易に行えます。たとえば、マネーロンダリングの疑いのある活動は金融情報局(FIU)に報告されることになる。
  2. 初期調査: この段階は、財務記録の徹底した分析、関係証人へのインタビューの実施、ドバイ警察、検察、ドバイ経済安全局などの専門部門間の相乗協力を含む包括的な証拠の収集から始まります。
  3. 協力の強化: UAE の AML/CFT 事務局とドバイ警察の間で最近締結された覚書により、協力的なアプローチが強化され、金融犯罪と戦う際の捜査能力がより効果的に強化されました。

ドバイにおける金融犯罪の訴追:

  1. 検察: 捜査プロセスを通じて実質的な証拠が蓄積されると、事件は検察に提出され、検察官が証拠を厳格に評価し、容疑者に対して正式な起訴を開始するかどうかを決定します。
  2. 裁判所制度: 告発された事件はその後、ドバイ裁判所で裁定され、公平な裁判官が訴訟を主宰します。これらの司法当局は、適用されるUAE法を厳密に遵守し、提出された証拠の包括的な評価に基づいて有罪か無罪かを評価する責任を負っています。
  3. 処罰の重さ: 有罪が確定した場合、裁判長は犯された金融犯罪の具体的な性質と重大性に応じて適切な刑罰を決定する。懲罰措置は、UAEの法規で規定されているように、多額の金銭罰から懲役刑に至るまで多岐にわたり、懲役期間は犯罪の重さに比例する。

主要組織の役割

多様な国際機関が金融犯罪に対する世界的な取り組みを主導しています。

  • 財務行動特別調査委員会(FATF) 世界的に採用されているマネーロンダリング対策(AML)およびテロ資金供与対策の基準を定めています。
  • 国連薬物犯罪事務所 (UNODC) 加盟国に研究、指導、技術支援を提供します。
  • IMFと世界銀行 各国のAML/CFTフレームワークを評価し、能力構築のサポートを提供します。
  • インターポール 情報分析とデータベースを通じて、国境を越えた犯罪と戦うための警察の協力を促進します。
  • 欧州警察組織 組織犯罪ネットワークに対するEU加盟国間の共同作戦を調整する。
  • エグモントグループ 情報共有のために 166 の国の金融情報部門を接続します。
  • バーゼル銀行監督委員会 (BCBS) 世界的な規制とコンプライアンスに対するガイダンスとサポートを提供します。

米国財務省外国資産管理局 (OFAC)、英国国家犯罪庁 (NCA)、ドイツ連邦金融監督庁 (BaFin) などの超政府機関、国家規制機関および法執行機関に加え、UAE の中央銀行などが現地の金融機関の政策を推進しています。世界基準に沿った行動をとります。

「金融犯罪との戦いは英雄によって勝利するのではなく、誠実かつ献身的に仕事をする一般人によって勝利します。」 – グレッチェン・ルービン、著者

UAE の主要な金融犯罪コンプライアンス規制

金融機関内の高度なコンプライアンス手順に裏付けられた堅牢な規制は、金融犯罪を世界的に軽減するための重要なツールとなります。

マネーロンダリング防止 (AML) 規制

主要な マネーロンダリング防止法 次のとおりです。

  • 米国 銀行秘密法 および愛国者法
  • EU AML 指令
  • 英国とアラブ首長国連邦 マネーロンダリング規制

これらの規制では、企業が積極的にリスクを評価し、疑わしい取引を報告し、顧客デューデリジェンスを実施し、その他の義務を果たすことが求められています。 コンプライアンス 義務。

AML 規制は、違反に対する大幅な罰則によって強化され、世界の金融システム全体の監視とセキュリティを強化することを目的としています。

顧客確認 (KYC) ルール

顧客を知る (KYC) このプロトコルは、金融サービスプロバイダーに顧客の身元と資金源を確認することを義務付けています。 KYC は、金融犯罪に関連した不正口座や資金追跡を検出するために引き続き不可欠です。

生体認証 ID 検証、ビデオ KYC、自動身元調査などの新しいテクノロジーは、プロセスを安全に合理化するのに役立ちます。

疑わしい活動レポート

不審行為報告書 (SAR) マネーロンダリングとの戦いにおける重要な検出および抑止ツールを表します。金融機関は、さらなる調査のために、疑わしい取引および口座活動に関する SAR を金融情報部門に提出する必要があります。

高度な分析技術は、毎年報告されていない SAR が保証される活動の推定 99% を検出するのに役立ちます。

全体として、世界的な政策の連携、高度なコンプライアンス手順、官民の緊密な連携により、国境を越えた財務の透明性と誠実性が強化されます。

金融犯罪に対するテクノロジーの活用

新興テクノロジーは、多様な金融犯罪に対する予防、検出、対応を劇的に改善する革新的な機会をもたらします。

AIと機械学習

人工知能(AI) および 機械学習 アルゴリズムは、人間の能力をはるかに超えた大規模な金融データセット内のパターン検出を可能にします。主な用途には次のようなものがあります。

  • 支払い詐欺の分析
  • マネーロンダリング対策の検出
  • サイバーセキュリティの強化
  • 本人確認
  • 疑わしいレポートの自動化
  • リスクのモデリングと予測

AI は人間の AML 捜査官とコンプライアンス チームを強化し、金融犯罪ネットワークに対する優れた監視、防御、戦略的計画を実現します。これは、次世代の金融犯罪対策 (AFC) インフラストラクチャの重要なコンポーネントを表します。

「金融犯罪との戦いにおいて、テクノロジーは両刃の剣です。それは犯罪者に新たな機会をもたらすと同時に、犯罪者を追跡し阻止するための強力なツールを私たちに与えてくれます。」 – ユーロポール事務局長カトリーヌ・デ・ボル

ブロックチェーン分析

公に透明な分散台帳のようなもの ビットコインとイーサリアムのブロックチェーン 資金の流れを追跡して、マネーロンダリング、詐欺、ランサムウェアの支払い、テロ資金供与、および制裁対象の取引を正確に特定できるようにします。

専門会社は、Monero や Zcash のようなプライバシー重視の仮想通貨であっても、より強力な監視を行うために、金融機関、仮想通貨企業、政府機関にブロックチェーン追跡ツールを提供しています。

生体認証とデジタル ID システム

セキュアー 生体認証技術 指紋、網膜、顔認識などは、信頼できる ID 認証のパスコードに代わるものです。高度なデジタル ID フレームワークは、ID 関連の詐欺やマネーロンダリングのリスクに対する強力な保護手段を提供します。

API統合

オープン バンキング アプリケーション プログラミング インターフェイス (API) 顧客の口座と取引を組織を超えて監視するために、金融機関間での自動データ共有が可能になります。これにより、AML 保護を強化しながらコンプライアンス コストが削減されます。

情報の共有

専用の金融犯罪データタイプにより、厳格なデータ プライバシー プロトコルを遵守しながら、金融機関間の機密情報の交換が容易になり、不正行為の検出が強化されます。

データ生成の急激な増加に伴い、膨大なデータベースにわたる洞察を統合することは、官民インテリジェンス分析と犯罪防止にとって重要な機能となります。

金融犯罪と戦うためのUAEとインターポールの協力

UAEは金融犯罪の重大な脅威をしっかりと認識しており、金融犯罪と戦うためにインターポールと協力して断固たる行動をとっている。

インテリジェンス共有

  • UAE は、金融犯罪の傾向、類型、犯罪ネットワークに関する情報をインターポールと交換しています。
  • インターポールの安全なチャネルにより、犯罪容疑者や違法行為に関する国境を越えた情報共有が可能になります。

国際刑事警察機構のリソースを活用する

  • UAEは、金融犯罪に関するインターポールの金融犯罪・汚職防止センターのデータベースを利用している。
  • Global Stop Payment Mechanism のようなツールを使用すると、疑わしい取引を凍結できます。
  • 海上保安データベースは、金融犯罪に関連した犯罪の特定に役立ちます。

共同事業

  • UAE の法執行機関は、インターポールが調整する作戦に積極的に参加しています。
  • これらは、主要な金融王、資産回収、犯罪ネットワークの解体をターゲットにしています。
  • 最近の例: 世界的な麻薬密売に対するライオンフィッシュ作戦。

グローバルリーダーシップ

  • UAEは国際刑事警察機構(インターポール)と並んで、国連とFATFのフォーラムで反金融犯罪の議題を擁護している。
  • この推進により、国際協力と対策の標準化が強化されます。

インテリジェンス、資源、運営、リーダーシップを融合したこの多面的なパートナーシップを通じて、UAE は防衛を強化し、安全なグローバル金融エコシステムを促進します。

金融犯罪が UAE 経済に与える影響

金融犯罪は、UAEの経済の安定と成長に重大な脅威をもたらしています。悪影響は複数のセクターに波及し、強固で透明な金融システムを維持するという国の努力を損なう。金融犯罪は世界経済に深く根付いており、国連薬物犯罪事務所(UNODC)はその総規模を世界GDPの驚異的な3~5%と推定しており、年間800億~2兆ドルが違法な経路を通って流れていると推計している。 。

まず、マネーロンダリング、脱税、詐欺などの金融犯罪は、市場の力学を歪め、合法的な企業にとって不平等な競争条件を生み出す可能性があります。金融活動作業部会(FATF)は、マネーロンダリングだけでも年間1.6兆2.7億ドルに達し、世界のGDPのXNUMX%に相当すると報告している。これは外国投資を妨げ、経済多角化の取り組みを妨げ、UAE国内の起業家精神やイノベーションを抑制する可能性がある。

さらに、金融犯罪は金融機関や政府機関に対する国民の信頼を損ない、効果的に機能する能力を妨げる可能性があります。これは資本逃避、税収の減少、UAEの金融システムに対する信頼の喪失につながり、最終的には経済発展と成長の見通しを妨げる可能性があります。発展途上国は法人税の回避や脱税により年間合計1兆ドル以上の損失を被る可能性があり、深刻な経済的影響を浮き彫りにしている。

最後に、金融犯罪によって失われた資産の捜査、訴追、回収に関連する費用がUAEの法執行機関と司法資源に負担を与え、経済発展や社会福祉プログラムの他の重要な分野から資金が流用される可能性がある。

金融犯罪と戦うためのUAE政府の取り組み

まず、UAEは、強力なマネーロンダリング防止法(AML)とテロ資金供与対策法(CFT)を制定することで、法規制の枠組みを強化しました。これらの法律は、厳格なデューデリジェンス手順、報告義務、違反に対する罰則を義務付けています。

第二に、政府は金融犯罪の発見、捜査、訴追を専門とする専門機関と対策本部を設立した。これらには、マネーロンダリングおよび不審事件対策部門 (AMLSCU) およびマネーロンダリングおよび対テロ資金供与対策事務局が含まれます。

第三に、UAEは国際機関や外国のカウンターパートとの協力を強化しています。これには、前述したように、金融活動作業部会(FATF)、金融情報部門のエグモント・グループ、およびインターポールが主導する取り組みへの積極的な参加が含まれます。

最後に、政府は能力開発と国民の意識の向上に多額の投資を行ってきました。これには、法執行機関、金融機関、企業が不審な活動を特定して報告する能力を強化するためのトレーニング プログラムが含まれます。国民啓発キャンペーンは、金融犯罪のリスクと結果について国民や住民を教育することも目的としています。

上へスクロール