観光客のための法律: ドバイの旅行者のための法規制ガイド

旅行は私たちの視野を広げ、思い出に残る体験をもたらします。ただし、ドバイのような外国の目的地を訪れる旅行者は、安全で準拠した旅行を確保するために現地の法律や規制を知っておく必要があります。この記事では、ドバイへの旅行者が理解しておくべき重要な法的問題の概要を説明します。

はじめに

ドバイは、アラブ首長国連邦の伝統的な文化や価値観が絡み合った、きらびやかでモダンな大都市です。その 観光 このセクターは爆発的なブームを続けており、新型コロナウイルス感染症のパンデミック以前には年間 16 万人以上の訪問者を集めていました。

ただし、ドバイには非常に優れたものもあります。 厳格な法律 観光客が避けるために尊重しなければならないこと  or 追放。しかし、その厳格な法律に違反すると、観光客が自分自身を発見する可能性さえあります。 ドバイ空港拘束 彼らの訪問を楽しむ代わりに。社会規範の遵守、薬物制限、写真撮影などの分野には法的境界が定められています。

訪問者が わかる 楽しくトラブルなく体験していただくために、これらの法律を遵守してください。いくつかの重要な規制を調査し、UNWTO のような新たな枠組みについて議論します。 国際規範 観光客の保護のため(ICPT)旅行者の権利を目的としています。

観光客向けの主要な法律と規制

ドバイには近隣のエミレーツに比べて比較的自由な社会規範がありますが、依然として多くの法的および文化的規制が公共の行動を規制しています。

エントリの要件

ほとんどの国籍では事前の取り決めが必要です ビザ ドバイ入国のため。 GCC 国民またはビザ免除パスポート所有者には、いくつかの例外が存在します。主要なパラメータは次のとおりです。

  • 観光ビザ 有効期限と滞在許可期間
  • パスポート エントリーの有効期間
  • ボーダー 通関手続きと税関申告書

これらの規則に違反すると、ビザが無効になり、1000 ディルハム (~250 米ドル) を超える罰金が科せられたり、渡航禁止が科せられたりする可能性があります。

ドレスコード

ドバイには控えめだが現代的なドレスコードがあります。

  • 女性は肩と膝を覆う控えめな服装が求められます。しかし、ほとんどの洋装は観光客に受け入れられます。
  • トップレスでの日光浴や最小限の水着を含む公共のヌードは禁止されています。
  • 異性装は違法であり、投獄または国外退去につながる可能性があります。

公序良俗

ドバイでは、公共の場での猥褻行為は一切容認されません。これには以下が含まれます。

  • キス、ハグ、マッサージ、その他の親密な接触。
  • 失礼なジェスチャー、冒涜的な言葉、または大声で騒々しい行動。
  • 公共の場での酩酊または酩酊。

罰金は通常 1000 ディルハム (~250 米ドル) から始まり、重大な犯罪の場合は投獄または国外追放となります。

アルコール消費量

イスラム法では地元住民の飲酒が禁止されているにもかかわらず、ドバイでは飲酒が合法となっている。 観光客 ホテル、ナイトクラブ、バーなどの認可された施設内で 21 歳以上であること。ただし、適切な免許なしでの飲酒運転またはアルコールの輸送は依然として厳密に違法です。運転時の法定アルコール制限量は次のとおりです。

  • 0.0歳未満の血中アルコール含有量(BAC)が21%
  • 0.2 年以上血中アルコール含有量 (BAC) が 21% である

麻薬法

ドバイは厳格なゼロトレランスの薬物法を課しています。

  • 違法薬物所持で懲役4年
  • 薬物摂取/使用で懲役15年
  • 麻薬密売の場合は死刑または終身刑

多くの旅行者が、適切な税関開示なしに入国した処方薬を所持していたために拘留されています。

写真撮影

個人使用のための写真撮影は許可されていますが、観光客が遵守すべき重要な制限がいくつかあります。

  • 同意なしに人の写真やビデオを撮影することは厳しく違法です。これは子供も対象となります。
  • 政府の建物、軍事区域、港、空港、交通インフラの写真撮影は禁止されています。そうした場合、懲役刑に処される可能性があります。

プライバシー法

2016 年、ドバイは、特に以下のような行為による同意なしのプライバシー侵害を禁止するサイバー犯罪法を導入しました。

  • 承認を得ずに他人を写した写真やビデオを公に公開する
  • 許可なく私有地を写真撮影または撮影する

罰則には、最大 500,000 ディルハム (約 136,000 米ドル) の罰金または懲役が含まれます。

愛情の公開

たとえ既婚者であっても、公共の場でカップルがキスしたり親密になることは、ドバイの猥褻法により違法となります。処罰には、投獄、罰金、国外追放が含まれます。ナイトクラブなどのあまり保守的でない場所では、手を繋いだり軽いハグをしたりすることは許容される場合があります。

観光客の権利の保護

現地の法律は文化の保存を目的としているが、観光客は些細な犯罪で拘留されるなど悲惨な状況に直面している。新型コロナウイルスはまた、世界的に旅行者の保護と支援の枠組みにギャップがあることを明らかにしました。

国連世界観光機関などの国際機関 (UNWTO)は、 国際規範 観光客の保護のため(ICPT)ホスト国および観光プロバイダーに推奨されるガイドラインと義務を記載しています。

ICPT 原則では次のことを推奨しています。

  • 観光支援のための 24 時間年中無休のホットラインへの公平なアクセス
  • 拘留時の大使館通知権
  • 申し立てられた犯罪または紛争に対する適正な手続き
  • 長期にわたる入国禁止を伴わない自発的出国オプション

ドバイには、訪問者の安全に重点を置いた既存の観光警察部隊が存在します。観光客の権利に関する法律と紛争解決メカニズムを強化することでICPTの一部を統合することで、世界的な観光スポットとしてのドバイの魅力を高めることができます。

アラブ首長国連邦で観光客として逮捕される方法

商品の輸入: 豚肉製品とポルノを UAE に輸入することは違法です。また、書籍、雑誌、ビデオも精査され、検閲される場合があります。

薬物: 薬物関連の犯罪は厳しく扱われます。麻薬の密売、密輸、所持(たとえ少量であっても)には厳しい罰則が設けられています。

アルコール: UAE全土でアルコール摂取に制限があります。イスラム教徒はアルコールを摂取することを禁じられており、非イスラム教徒の居住者が自宅または認可された場所でアルコールを飲むには酒類販売免許が必要です。ドバイでは、観光客はドバイの公式酒類販売業者 2 社から 1 か月間酒類販売許可を取得できます。飲酒運転は違法です。

ドレスコード: アラブ首長国連邦では、公共の場でわいせつな服装をすると逮捕される可能性があります。 

攻撃的な行動: UAE に関する悪口、攻撃的なソーシャルメディアへの投稿、失礼なジェスチャーはわいせつとみなされ、違反者は懲役または強制送還の対象となります。

UAE は素晴らしい観光地ですが、ちょっとしたことで当局の標的にされる可能性があるので注意が必要です。法律、慣習、文化を知っていれば非常に有利になります。ただし、何か問題があった場合は、必ず経験豊富な法律専門家の助けを得て問題を解決してください。

観光紛争の解決

旅行中の事故は、十分な予防措置を講じていたとしても発生する可能性があります。ドバイの法制度は、イスラム教シャリーアおよびエジプト法典の民法と英国のコモンローの影響を融合させています。問題に直面している観光客のための主な紛争解決オプションには次のようなものがあります。

  • 警察に報告書を提出する: ドバイ警察は観光警察を運営し、詐欺、盗難、嫌がらせに関する旅行者の苦情に特化して対応しています。
  • 代替紛争解決: 多くの紛争は、正式な訴追を受けずに、調停、仲裁、調停によって解決できます。
  • 民事訴訟: 観光客は、補償や契約違反などの問題について、イスラム法裁判所で代理人を務める弁護士を雇うことができる。ただし、民事訴訟を起こすには弁護士の雇用が義務付けられています。
  • 刑事訴追: 重大な犯罪は、シャリーア裁判所または捜査手続きを伴う国家安全保障検察で刑事訴追されます。領事館へのアクセスと法的代理人は不可欠です。

安全な旅行のための推奨事項

多くの法律は文化の保存を目的としていますが、観光客は問題を避けるために常識を働かせる必要もあります。

  • アクセシビリティ: 観光スポットを訪れる前に、政府のホットライン 800HOU に電話して、障害者アクセス情報をリクエストしてください。
  • 衣類: 地元の人を不快にさせないように、肩と膝を覆う控えめな服装をしてください。公共のビーチではシャリーア水着が必要です。
  • 輸送: 安全のためにメーター制のタクシーを使用し、規制されていない交通アプリを避けてください。ドライバーにチップを渡すために現地通貨を持ち歩きましょう。
  • 支払い: 出発時に VAT の払い戻しを請求できる可能性があるため、買い物のレシートを保管しておいてください。
  • 安全アプリ: 緊急支援が必要な場合は、政府の USSD アラート アプリをインストールしてください。

現地の規制を尊重し、安全リソースを活用することで、旅行者は準拠を維持しながらドバイのダイナミックなサービスを利用できるようになります。信頼できるアドバイスを早期に求めることで、有害な法的トラブルを防ぐことができます。

まとめ

ドバイは、アラブの伝統と未来的な野心を背景に、素晴らしい観光体験を提供します。しかし、その法律は西側の規範と比較して内容と施行の点で大きく異なります。

パンデミック後に世界的な旅行が復活する中、旅行者に対する法的保護を強化することが信頼を回復するために不可欠です。 UNWTO の ICPT のような枠組みは、熱心に実施されれば前進を意味します。

現地の法律に関して十分な準備をしておけば、旅行者はアラブ首長国連邦の文化基準を尊重しながら、ドバイの国際的な体験をスムーズに楽しむことができます。常に警戒を怠らず合法的に行動することで、訪問者は安全かつ有意義な方法で街の華やかな魅力を満喫できるようになります。

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

上へスクロール