法律事務所ドバイ

で私たちに書いてください case@lawyersuae.com | 緊急電話 +971506531334 +971558018669

商業訴訟を解決するための6つのトップウェイ:起業家のための法的ガイド。

起業家のための商業訴訟を解決するための6つのトップの方法

ビジネスとパートナーシップは、契約違反(約束の破綻または失敗として知られている)により、いつでも酸っぱくなる可能性があります。 そして、これは商事訴訟や契約合意紛争につながる可能性があります。 この記事では、商事訴訟を解決するための6つの方法を理解しましょう。

コワーキングはまだ初期段階ですが、ドバイがオフィスの未来であるというコワーキングスペースについては多くのアイデアがあります。 すべては、結果が生産性とイノベーションにどの程度前向きに関連するかにかかっています。

現在の経済的困難と将来の不確実性により、多くの起業家は無担保債務を嘆いています。 彼らの借金を清算するために、彼らは訴訟を経て、法廷闘争をしなければなりません。 この投稿では、商事訴訟を解決する方法について説明します。 私たちは、商業訴訟とは何か、そしてそれが弁護士の助けを借りてどのように解決できるかに焦点を当てます。 また、商業訴訟の決定を支援できる適切な弁護士を特定する方法についても説明します。

商業訴訟とは何ですか?

商事訴訟は、ある会社が別の会社に対してとる法的手段です。 裁判が行われ、勝者に有利な判断が下されます。 ビジネスにおけるパートナーシップには、一般的に、金銭または同様の考慮事項と引き換えにサービスまたは製品を提供するという約束が含まれます。 いずれかの当事者が約束を守らなかった場合、他方の当事者は、 民事訴訟を起こす.

今日まで、商業訴訟は、UAEにおける価値の高い複雑な紛争を解決するための主要な方法であり続けています。

商業訴訟を解決するためのトップ6の方法
商業訴訟は、UAEにおける価値の高い複雑な紛争を解決するための主要な方法であり続けています。

商業訴訟の訴訟を起こす前に考慮すべき重要な問題

法的措置を求める当事者は、次の状況を考慮する必要があります。 

a。 被告の経済的実行可能性、

b。被告が棄権または逃亡する可能性。

当事者は、資産が被告によって分散または解散されないことを保証するために、予防的添付申請を裁判所に提出することができます。

商業訴訟を解決する方法は何ですか?
  1. 条件を慎重に実行する

契約書に署名する前に、常にそれを注意深く読む必要があります。 また、紛争が発生した場合は、再度合意に達し、今回はより慎重に検討してください。 –について何かを説明している特定の条項またはセクションに注意を払ってください。

  • それはあなたの論争に関係しています。 そして、あなたとあなたの請負業者が義務を果たした場合。
  • このような状況で、または紛争を解決する際に従う必要のある手順。
  • あなたがそうすることを決定した場合にこの契約関係を終了する方法をあなたに教えるかもしれない終了条項。

2.交渉

法的措置を取ることを計画する前に、請負業者と条件を交渉することをお勧めします。 請負業者が間違ったことをしたと思う特定の領域を指摘し、対応する機会を与える必要があります。 論争の多くは、誤解や誤解によるものにすぎません。 状況を正常化するために取られる必要のある救済措置について請負業者と話し合い、彼が何に対応するかを確認します。

双方に弁護士を紹介することで、交渉を形式化することもできます。 これは、違いを解決するための基本的な方法です。 それは、論争の解決策を見つけるという単なる目標を持った往復のコミュニケーションです。

その後の交渉のための特定の手順や規則はありません。 誰もが落ち着いて交渉を決定し、開始することができます。 交渉は任意の段階で開始されます。つまり、訴訟を起こす前、訴訟の進行中、裁判中、または上訴の前または後です。

3.州および地方機関に連絡する

多くの州の請負業者または同様の業界団体は、 一般的な紛争 請負業者が関与します。 彼らは請負業者に少し偏っているかもしれませんが、彼らは確かに彼らのメンバーのいずれかに関する紛争に興味を持っています。 結局のところ、評判はビジネスに不可欠です。 さらに、助けを見つけて対立を解決すれば、きっとあなたのコストを削減するでしょう。

4.調停

調停は、より合法化され構造化された交渉形態に他なりません。 それは、調停人と呼ばれる第三者または独立した人物によって監督されています。 合意に達しない場合、これは次のステップです。 調停人は、紛争の新鮮な見方を持っているため、両当事者からの問題を特定するのに役立ちます。 これは、問題を解決し、満足のいく合意に達するのに役立つ可能性があります。 調停人は通常、裁判官または上級弁護士です。

このステップは、両方の当事者に互いの視点を見せることによって役立ちます。 これは拘束力のないプロセスです。 当事者が相互に合意し、書面で条件を定め、署名した場合にのみ拘束力を持つことができます。

仲裁が最も有用な紛争の種類は、

  • テナントと地主
  • 子供の親権や離婚のような家族紛争
  • ビジネス紛争
  • 検疫問題
  • 従業員と雇用主
  • 商人と消費者

5.仲裁

調停の次の段階。 調停では、支配は両当事者の手に委ねられますが、仲裁では、最終決定を下すために公平なものとして第三者に権限が与えられます。

仲裁は、交渉および調停とともに、裁判外紛争解決(ADR)プロセスの一部です。 このステップは通常、当事者が交渉する能力が使い果たされたような状況に関係します。

通常、契約には仲裁条項が含まれます。特に、株式仲買人の口座、退職金口座、またはクレジットカードの申請ではそうです。 このステップでは、両方の当事者が弁護士によって代表されます。 仲裁人は双方の意見に耳を傾け、彼らの文書、証言、証拠を研究し、そして決定します。 プロセスは裁判と同じですが、控訴権が限られています。

このプロセスは拘束力がありませんが、双方が同意する場合は、拘束力のあるプロセスである可能性があります。 これは、ほとんどの場所で訴訟の前提条件として重要なステップと見なされます。 XNUMX人でプロセスまたはXNUMX人のパネルを実行でき、会議室またはヒアリングオフィスで開催されます。

6.訴訟

ビジネス訴訟で解決される最も一般的なケースのXNUMXつは、契約違反です。 このステップでは、弁護士は非常に重要です。 このステップでは、法的な論争を解決するために民事司法と制度および裁判所が使用されます。 このステップにより、反対側にソリューションへの参加を強いることができます。

決定は、法律に従って、提示された事実を適用することによって行われます。 最終評決は訴訟プロセスを終了し、決定が執行されます。 ただし、敗訴した当事者は高等裁判所に控訴することができます。

紛争を解決することは、初期段階では非常に簡単です。これは、話すことと同じくらい簡単です。 しかし、プロセスが激しくなるにつれ、すべてを合法的に行う必要があります。

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

上へスクロール