UAE における横領に対する法律と罰則

横領は、雇用主や顧客などの第三者から預けられた資産や資金を不正に横領または悪用する重大なホワイトカラー犯罪です。アラブ首長国連邦では、横領は厳しく禁止されており、国の包括的な法的枠組みに基づいて重大な法的結果が生じる可能性があります。 UAE の連邦刑法は、金融および商業取引における誠実さ、透明性、法の支配を維持するという国の取り組みを反映して、横領に関連する明確な法律と罰則を概説しています。世界的なビジネスハブとしてのUAEの地位が高まる中、その国境内で活動する個人や組織にとって、横領の法的影響を理解することは非常に重要です。

UAE の法律による横領の法的定義は何ですか?

アラブ首長国連邦では、横領は連邦刑法第 399 条で、雇用主などの第三者から個人に預けられた資産、資金、財産を横領、悪用、または不法に換金する行為と定義されています。クライアント、または機関。この定義には、信頼または権威のある立場にある誰かが、自分に属さない資産の所有権または管理を意図的かつ違法に取得する幅広いシナリオが含まれます。

UAE法に基づく横領を構成する主な要素には、被疑者が他の当事者に属する資産または資金の保管または管理を委託されている受託者関係の存在が含まれます。さらに、偶発的または過失による資金の誤った取り扱いではなく、個人の利益または利益を目的としたこれらの資産の意図的な流用または悪用の証拠が必要です。

横領には、従業員が会社の資金を私的に流用したり、ファイナンシャルアドバイザーが顧客の投資を悪用したり、政府職員が公的資金を流用したりするなど、さまざまな形があります。告発された個人が正当に自分のものではない資産や資金を悪用することで課せられた受託者義務に違反したため、これは窃盗の一形態および背任とみなされます。

アラビアとイスラムの法的文脈では、横領の定義は異なりますか?

アラビア語では横領を表す用語は「イクティラス」で、これは「横領」または「不法な持ち出し」を意味します。アラビア語の用語は英語の「横領」と似た意味を持ちますが、この犯罪の法的定義と扱いはイスラム法の文脈では若干異なる場合があります。イスラム教シャリーア法の下では、横領は窃盗または「サリーカ」の一形態とみなされます。コーランとスンナ(預言者ムハンマドの教えと実践)は窃盗を非難し、この犯罪で有罪判決を受けた者に対する具体的な刑罰を規定しています。しかし、イスラム法学者や法学者は、横領と他の形態の窃盗を区別するための追加の解釈とガイドラインを提供しています。

多くのイスラム法学者によると、横領は背任を伴うため、通常の窃盗よりも重い犯罪とみなされます。個人が資産または資金を委託された場合、受託者責任を遵守し、それらの資産を保護することが期待されます。したがって、横領はこの信頼に対する裏切りとみなされ、他の形態の窃盗よりも厳しく処罰されるべきだと主張する学者もいます。

イスラム法は横領に関するガイドラインと原則を規定していますが、具体的な法的定義と刑罰はイスラム教徒が多数を占める国や管轄地域によって異なる場合があることに注意することが重要です。 UAE では、横領を定義し訴追するための主な法律源は連邦刑法であり、これはイスラム教の原則と現代の法慣行の組み合わせに基づいています。

アラブ首長国連邦における横領に対する処罰は何ですか?

アラブ首長国連邦では横領は重大な犯罪とみなされ、罰則は事件の具体的な状況に応じて異なる場合があります。横領の処罰のポイントは以下の通りです。

一般横領事件: UAE 刑法によれば、横領は通常、軽罪として分類されます。刑罰には、最長 3 年の懲役または金銭罰が含まれる可能性があります。これは、個人が預金、リース、住宅ローン、ローン、または代理店に基づいて金銭や書類などの動産を受け取り、それらを不法に横領し、正当な所有者に損害を与えた場合に適用されます。

紛失または誤った財産の不法所持: UAE刑法は、個人が他人の遺失物を自分のものとして保管する意図で所有したり、誤ってまたは避けられない状況により故意に所有物を所有したりする状況にも対処しています。このような場合、その個人は最長 20,000 年の懲役または最低 XNUMX ディルハムの罰金に処される可能性があります。

抵当財産の横領: 個人が借金の担保として差し入れた動産を横領した、または横領しようとした場合、紛失または誤った財産の不法占有として概説された刑罰の対象となります。

公務員:UAEでは公務員による横領に対する罰則がより厳しい。連邦政令法第 31 号によると、 2021 年 XNUMX 日より、職務中または任務中に資金を横領したとして逮捕された公務員は、最低 XNUMX 年の懲役刑に処されることになります。

UAEに​​おける横領と詐欺や窃盗などの他の金融犯罪との違いは何ですか?

UAE では、横領、詐欺、窃盗は異なる法的定義と結果を伴う別個の金融犯罪です。違いを強調するための表形式の比較を次に示します。

犯罪率定義主な違い
横領自分自身の財産ではなく、誰かの管理に法的に委託されている財産または資金の不法な横領または譲渡。– 他人の財産または資金に対する背任または権限の悪用が含まれる。 – 資産または資金は最初は合法的に取得されました。 – 多くの場合、従業員、代理人、または信頼できる立場にある個人によって犯されます。
詐欺不当または違法な利益を得るため、または他人の金銭、財産、または法的権利を剥奪するための意図的な欺瞞または虚偽表示。– 欺瞞または不当表示の要素が含まれる。 – 犯罪者は、最初は財産や資金に法的にアクセスできる場合もあれば、そうでない場合もあります。 – 金融詐欺、個人情報詐欺、投資詐欺など、さまざまな形態をとる可能性があります。
盗難他人の同意を得ることなく、その所有権を永久に剥奪する目的で、他人または団体に属する財産または資金を不法に取得または流用すること。– 財産または資金の物理的な取得または流用が含まれます。 – 犯罪者には、財産または資金に対する法的アクセスまたは権限がありません。 – 強盗、強盗、万引きなど、さまざまな手段で犯される可能性があります。

3 つの犯罪はすべて、財産や資金の不法取得や悪用に関係しますが、主な違いは、その資産に対する最初のアクセスと権限、および使用される手段にあります。

横領には、犯罪者に法的に預けられた他人の財産または資金に対する背任または権限の悪用が含まれます。詐欺には、不当な利益を得たり、他人の権利や資産を奪ったりするための欺瞞や虚偽の表示が含まれます。一方、窃盗には、所有者の同意なしに、また法的なアクセスや権限なしに、財産や資金を物理的に取得または流用することが含まれます。

UAEの駐在員が関与する横領事件はどのように処理されますか?

アラブ首長国連邦には、国内に居住する国民と駐在員の両方に適用される強固な法制度があります。外国人駐在員が関与する横領事件に関しては、UAE当局は首長国連邦国民に対する場合と同様に真剣かつ法律を遵守して事件を処理する。

このような場合、法的手続きには通常、警察や検察庁などの関係当局による捜査が伴います。十分な証拠が見つかった場合、駐在員は UAE 刑法に基づいて横領罪で起訴される可能性があります。その後、訴訟は司法制度を介して進められ、駐在員は法廷で裁判にかけられることになる。

UAE の法制度では、国籍や居住資格に基づく差別はありません。横領の罪で有罪判決を受けた外国人は、事件の内容や適用される法律に応じて、懲役、罰金、あるいはその両方を含む首長国国民と同じ刑罰に処される可能性がある。

さらに、場合によっては、横領事件は、特に犯罪が特に重大であるとみなされる場合、または個人が脅迫的であるとみなされる場合には、居住許可の取り消しや UAE からの強制送還など、駐在員に対する追加の法的結果を伴う可能性もあります。公安とか国の利益とか。

UAE における横領の被害者の権利と法的選択肢は何ですか?

アラブ首長国連邦における横領の被害者には、特定の権利と法的選択肢が与えられています。 UAE の法制度は金融犯罪の重大性を認識しており、そのような犯罪の影響を受ける個人および団体の利益を保護することを目的としています。まず、横領の被害者は、警察や検察庁などの関係当局に正式に告訴する権利を有します。苦情が提出されると、当局は問題を徹底的に調査し、証拠を収集する義務があります。十分な証拠が見つかった場合、事件は裁判に進むことができ、被害者は証言の提供や関連書類の提出を求められる場合があります。

UAEでは、刑事訴訟に加えて、横領の被害者は、横領の結果生じた経済的損失や損害の補償を求める民事訴訟を起こすこともできます。これは民事裁判所を通じて行うことができ、被害者は加害者に対して訴訟を起こし、横領された資金や財産の賠償や損害賠償を求めます。 UAE の法制度は、被害者の権利を保護し、法的手続きを通じて被害者が公平かつ公正な扱いを受けることを保証することに重点を置いています。被害者には、自分の権利が支持され、利益が保護されることを保証するために、弁護士や被害者支援サービスに法的代理人や支援を求めるオプションもある場合があります。

上へスクロール